炊き出し

2016-04-20

 

BK8C0813 (2)

 

本震の翌日、4月17日に病院の駐車場で震災支援の炊き出しがありました。

 

BK8C0829 (2)

 

4月14日の前震以来、3日間はカップ麺やおにぎりばかりの生活でしたから、

嬉しいお知らせにみんなが集まりました。

 

BK8C0804

 

入院患者さんだけでなく、病院1階にいる避難所の人たちにも行き渡りました。

病院近くの民家にも配達されました。

家にこもっているご高齢の方は、「ほとんど食べていなかった」と、とても喜ばれました。

雑炊がとても美味しかったそうです。

 

BK8C0839 (2)

 

 

炊き出しをしていただいたお兄さんたちです。

料理も美味しかったですが、はじけるような明るさでみんなを元気づけてくれました。

 

BK8C0464 (2)

 

 

彼らは、熊本市内の「まるよし食堂」や「蛍」などで腕をふるう和食料理人です。

海産物が豊富な天草地方の出身です。

彼らが提供してくれる天草の海の幸は絶品でファンも多いです。

 

今回の地震でお店も損害を受けました。

地震の影響が少なかった天草に避難していましたが、被災者を支援しようと、

熊本に戻ってきました。

慈恵病院だけでなく、別の避難所にも回って炊き出しを行ったそうです。

 

食べるものに困っていた私たちには、貴重な支援でありがたかったですし、

我が身を置いておき、支援に尽力する姿に感銘を受けました。

全記事一覧
最新