第4回エンゼルこども食堂

2016-05-19

 

シェフの調理

 

今回は大分県九重『オーベルジュ ア・マ・ファソン』のオーナー、小幡シェフに

来ていただきました。RKKテレビの夕方番組にも登場されるので、ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います。

 

小幡シェフは、かつて慈恵病院の近くでレストランを経営なさっていました。

慈恵病院の産後食メニューをご指導いただいたご縁があります。

 

地震の影響で休業なさっているのですが、こども食堂のために駆けつけてくださいました。

 

 

オムライス

 

シェフ自ら卵を焼いていただいてのオムライスです。

フワフワで、「お家とちがう!」と大人気でした。

 

ちなみに、卵150個とマッシュルームを購入しましたが、

その他の食材は、ご寄付いただいたものばかりです。

JAグループ様からは、野菜のご寄付もいただきました。

皆様に感謝申し上げます。

 

 

サーブ

 

シェフの他、ホールスタッフ、キッチンスタッフの

方にも来ていただきました。

出来上がったオムライスは、ひとりずつサーブされます。

レストランみたいです。

 

 

シスター笑顔

 

修道院からシスターがお二人きていただき、

お子さんのお世話をしていただきました。

 

 

BK8C3912

 

「おいしいっ!!」

 

 

シスターお世話

 

3歳の女の子でも完食でした。

 

 

食事風景

 

小幡シェフの効果で、58名のお子さんが参加してくれました。

とっても賑やかでした。

テレビ局2社、新聞社1社からも取材に来ていただきました。

 

 

BK8C3916

 

畳の間は食事が終わった子たちの遊び場です。

4歳の女の子は、「見てみて!」と得意技のブリッジを披露してくれました。

 

 

アマファソンスタッフ

 

震災で休業中にも関わらず、子ども達のために駆けつけていただいた

『ア・マ・ファソン』の皆様には深く感謝申し上げます。

早く皆様のご活躍の場が復活されることをお祈り申し上げます。

全記事一覧
最新