熊本の産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

熊本産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

地域の皆様に愛される医療を

こうのとりのゆりかご|慈恵病院

メニューバー

10万円

2020-05-19

 

この度、新型コロナウィルス感染症緊急経済対策として、国民全員が1人当たり10万円の給付金を受け取れることが

決まりました!

これを受けて、先日、当院の相談室へ1本のお電話がありました。

 

県外在住の方で、「10万円もらっても使い道がないので、ゆりかご基金へ寄付したい」とおっしゃるのです。

『ゆりかご基金』とは、当院が運営する「こうのとりのゆりかご」を支える『こうのとりのゆりかご基金』のことです。

 

「こうのとりのゆりかご」は、国や自治体からの資金援助は一切受けておりませんので、

この『ゆりかご基金』が大切な運営費です。

しかも、不足分約1500万円を毎年、病院が自己負担しています。

 

 

DSC_8562修正

 

今年3月、妊娠7カ月で、遠く北陸地方から、大きなお腹でこのスーツケースと大きな荷物を引っ張って

熊本を目指して来てくれた女性。

出産まで生活の場所がなかったため、当院で保護し、先月、無事に出産しました。

「こうのとりのゆりかごの存在は、以前から知っていました」

女性は、そう語りました。

「ゆりかご」が、当院の相談室へ電話やメールをくれたきっかけにもなったそう。

 

事前に相談してくれたおかげで、赤ちゃんは誕生と同時に、赤ちゃんを切望されていた養親さんが

お迎えに来てくださいました。

 

寄付していただいたお金は、預け入れされた赤ちゃんが乳児院などへ引き取られるまでの

入院費や洋服代、実母さんの検査代や身の回り品代などに、大切に使わせていただきます。

特別給付金をこのように使おうと思ってくださる方がいらっしゃることに、

スタッフ一同、大変感激する出来事でした。

 

『こうのとりのゆりかご基金』についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2008-2013 JIKEI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.