慈恵病院 無痛分娩

平成31年度までの当院における無痛分娩件数は、3,733件(2019年8月現在)を超えます。多くのお産をお手伝いしてきた熟練の産婦人科医、麻酔医、小児科医、助産師がチームとなって産婦さんと赤ちゃんをサポートしますが、分娩中に重症と判断されるような急変時には、専門性の高い医療機関と連携して速やかな救急搬送を実施、母児を守るため力を尽くします。どうぞ、安心して無痛分娩をご希望ください。
勤務医師数
2019年時点 常勤医師数 非常勤医師数(常勤換算)
産婦人科医師数 8 5(0.3)
麻酔科医師数 1 0
合 計 9 5(0.3)
分娩取り扱い実績
  2016年1月~12月 2017年1月~12月 2018年1月~12月
総分娩件数 1701 1785 1720
非無痛経腟分娩件数 1025 1126 1068
無痛分娩件数 463 469 424
帝王切開分娩件数 213 190 228
無痛分娩麻酔管理者
氏名 蓮田 健
所有資格 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
無痛分娩実施歴 実施施設名:慈恵病院
実施期間:2003年5月~2019年8月
実施症例数:2556例
麻酔科研修歴 研修施設名:熊本大学病院
研修期間:2002年5月~2003年3月
指導医名:寺崎秀則教授他
全身麻酔経験症例数:61例
硬膜外麻酔経験症例数:66例
麻酔実施歴 ①実施施設名:福岡市民病院
 実施期間:2000年4月~2001円3月
 硬膜外麻酔経験症例数:約50例
②実施施設名:慈恵病院
 実施期間:2002年4月~
 全身麻酔経験症例数:約10例
 硬膜外麻酔経験症例数:約3000例以上
 (開腹手術、無痛分娩)
講習会受講歴 2019年7月28日 BLS for Healthcare Providers Course
有効期限2021年7月
麻酔担当医
氏名 志茂田 治
勤務体制 常勤
所有資格 日本麻酔化学会認定専門医・指導医
氏名 奥村 貴美子
勤務体制 常勤
所有資格 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
無痛分娩実施歴 実施施設名:慈恵病院
実施期間:2010年5月~2019年8月
実施症例数:1177例
麻酔科研修歴 研修施設名:慈恵病院
研修期間:2010年~
指導医名:志茂田 治
全身麻酔経験症例数:13例
硬膜外麻酔経験症例数:44例
麻酔実施歴 実施施設名:慈恵病院
実施期間:2010年~
硬膜外麻酔経験症例数:1461例(開腹手術、無痛分娩)
無痛分娩に関わる助産師

分娩室担当助産師数 15名

無痛分娩に関わる看護体制

慈恵病院における看護マニュアルはこちらをご覧ください。

看護マニュアル

無痛分娩に関する施設及び医療機器の配備状況

①麻酔器:分娩室エリア内の手術に常備

②AED:分娩室エリア内に常備

③母体用生体モニター(心電図・非観血的自動血圧計・パルスオキシメータ等):各分娩室に常備

④蘇生用設備・機器: 各分娩室に常備/酸素配管・酸素流量計・吸引装置・吸引カテーテル
分娩室エリア内に常備/酸素ボンべ・バッグバルブマスク・マスク・喉頭鏡・器官チューブ(内径6.5、7.0、7.5)・スタイレット・経口エアウェイ
⑤緊急対応用薬剤: 分娩室エリア内に常備/アドレナリン・硫酸アトロピン・エフェドリン・フェニレフリン・静注用キシロカイン・ジアゼパム・プロポフォール・スキサメトニウム・ベクロニウム・硫酸マグネシウム・静注用脂肪乳剤(精製大豆油)・乳酸化リンゲル液・生理食塩水・代用血漿剤
分娩に関連した急変時の体制

当院の産婦人科医、麻酔科医、小児科医で母児の対応に当たりますが、重症と判断した場合には、下記の施設に救急車で搬送します。
1.熊本大学病院(母体、新生児)
2.熊本市民病院(母体、新生児)
3.国立病院機構熊本医療センター(母体)

危機対応シミュレーションの実施歴

①毎月1回木曜日午後
 上位胎盤早期剥離、胎児仮死などを前提とした緊急帝王切開、新生児蘇生の
 シミュレーショントレーニングを実施
②毎月1回水曜日午後
 BLSトレーニング実施
③毎週火曜日午後
 NCPRトレーニング実施

その他

○日本産婦人科医会偶発事例報告事業に参加しています
○日本産婦人科医会偶発事例報告事業に参加しています
○妊産婦死亡報告事業への参画状況参画しています

WEBサイトの更新日時2019年11月22日

もっと詳しく知りたい方はこちらへ