熊本の産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

熊本産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

地域の皆様に愛される医療を

こうのとりのゆりかご|慈恵病院

メニューバー
 

「お腹を痛めて産んだ子」という表現に象徴されるように、日本ではお産の痛みに耐えなければいけない風潮がありました。
しかし、麻酔の効いた帝王切開分娩で産まれた赤ちゃんとお母さんに問題があるのかといえば、決してそうではありません。実際、フランスでは80%、アメリカでは50%の妊婦さんが『無痛分娩』を経験しているのです。
現在、全くの自然分娩で問題なく出産される方がほとんどですが、私共は陣痛に対する苦痛感が強い方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。
そのために、『ソフロロジー法』と並んで取り組んでいるのが『無痛分娩』です。陣痛が来た産婦さんは、「私は陣痛に耐えられるのかしら?」と不安になられます。そのとき、実際には無痛分娩をお受けにならなくても、「痛みが強いときには無痛分娩という方法で抑えられる」…と、不安感を和らげていただければと思います。

「硬膜外麻酔」と呼ばれる方法を行っています。

背中から脊髄の近くに細いチューブを通し、そこから麻酔薬を注入します。
その結果、「下半身の痛みがなくなったり、軽くなったりする」のです。

 
硬膜外麻酔による「無痛分娩の長所」

●陣痛の苦痛感が軽くなります。
●意識がはっきりしているので、赤ちゃんの誕生の瞬間も見ることができます。
●分娩後の回復が早い傾向にあります。
●縫合時の痛みがありません。

 
無痛分娩の薬剤注入

分娩の最初の頃、産婦さんは「下腹部が痛い」「腰が痛い」とおっしゃいます。
また、分娩が進行してくると、「お尻の痛み」「腟の痛み」を感じます。
硬膜外麻酔による無痛分娩では、それぞれの痛みに対して1箇所ずつ麻酔薬をチューブで注入し、
神経に麻酔し、痛みを消失させたり和らげたりして、痛みに対応しています。

1. 昔からよく使われる「お腹を痛めて産んだ子」という
  表現に象徴されるように、『無痛分娩』だと愛情が
  薄くなるという思い込みがみられます。

 

2. 「陣痛の痛みに耐えてこそ母親になる資格がある」
  「陣痛から逃れるのは弱虫だ」という価値観の壁が
  あるようです。

 

3. 産婦人科や病院側の理由として、医師やスタッフが
  付き添わなければならないという、安全管理に対して
  の不安感を原因とする消極的な姿勢が考えられます。

 

陣痛が来て、産婦さんが希望されるときに無痛分娩を開始します。ただ、『前駆陣痛』といって軽い陣痛のあと陣痛がなくなってしまう方がいらっしゃいますので、それが疑われるときには無痛分娩を延期します。

 

特殊な血液の病気、高度肥満、一部の心臓病を患っている方に限り無痛分娩はできませんが、該当されない方は無痛分娩をお選びいただいても問題はありません。

 

麻酔薬が直接赤ちゃんに影響することはありません。ただし、麻酔の影響でお母さんの血圧が下がれば、赤ちゃんにも影響が及ぶ可能性はあります。

 

痛みについては、ほぼ全員の方が軽くなりますが、その程度は産婦さんによって様々です。
約30%の方は痛みを全く感じなくなり、次の約30%の方は陣痛時にお尻にズーンとくる感じを覚え、次の約30%の方は痛みは感じるものの自然分娩に比べて明らかに軽くなります。

 

陣痛が弱くなることがあり、このときには陣痛促進剤で陣痛を強くしなければならないことがあります。その結果、分娩の進行が遅れます。また、産後に頭痛が1週間ほど続くことがあります。 その他のトラブルについては非常にまれです。 なお、無痛分娩に使用する麻酔薬が、直接赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。



他にも知っていただきたい無痛分娩

Copyright© 2008-2013 JIKEI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.