SNSの威力

2016-04-19

 

図1

 

4月14日の地震発生以来、物流はストップしました。

備蓄の食料は3日分です。

4月18日の夕食で食料が尽きてしまうことが判明しました。

栄養士は、「4月18日の夕食はおにぎりを2人で1個になるかも」と見通しを話します。

84名の入院患者さんの他に、近隣からの避難者、勤務する職員を合わせて約150人分の

食料を確保しなければいけません。福岡など近隣の県への買い出し隊も計画しました。

しかし、道路の損傷やラッシュの情報も入ってきます。

どうしようもなくなり、蓮田健副院長が「わらをもつかむ思い」でfacebookに支援の

お願いを投稿しました。

 

 

BK8C0792

 

4月16日夜に投稿した後、4月17日午後には支援物資を続々と届けていただきました。

 

 

BK8C0853

 

ポリタンクで届けていただいた大量の水

 

 

BK8C0857

 

ペットボトルは投稿から24時間で2000本以上をいただきました。

 

 

いただいた米

 

お米も1日で1トン以上をいただきました。

おかげで、4月18日以降も乗り切ることができました。

たくさんの方々に助けていただきました。

病院職員は多くのご支援に驚きながらも感謝でいっぱいでした。

そして、facebookを始めとするSNSの力に驚かされました。

全記事一覧
最新