慈恵病院 特別養子縁組

このサイトで使う言葉のご説明
■実親=「産みの親、生みの親」 
■養親=「育ての親」
家庭裁判所で特別養子縁組の審判が決定しなければ、養親にはなれませんから、実親様から赤ちゃんを預かっただけでは、養親とはいえません。
この時点で、育てるご夫婦にとっての赤ちゃんは戸籍上の「子」ではなく、「同居人」の状態です。育てるご夫婦についても「養親希望者」「養親候補者」と表現するのが正確かもしれません。しかし、このサイトでは、「特別養子縁組での育ての親になりたい」と表明されたご夫婦を、すべて「養親」と表現しました。
説明会のご案内について
定員20組40名
当院では、養親候補のご夫婦を登録制にさせていただいておりますが、ご夫婦の登録数が一定数以下になった時点で、新たな養親候補様を募集しております。養親候補として登録されたのに、いつまでも赤ちゃんを授からないご夫婦をできるだけ少なくするためです。これに伴い、説明会の開催も、登録された養親候補様が一定数を下回ったときに開催させていただくことになります。従いまして説明会の開催は不定期です。スケジュールが決まりましたら新着情報でお知らせいたしますので、恐れ入りますが、それまでお待ちください。
関連リンク