慈恵病院 特別養子縁組

Image-2
  コロナ前のお話ですが 家庭訪問で養親さんのお宅に家庭訪問で伺うと、かなりの確率で動物を飼っておられます。 それも保護動物支援センターやNPO団体から保護されたワンちゃん、猫ちゃんたち。     人間の身勝手で捨てられ、虐待され、命を落としたりと言う経験をさせられた仔たちですから 人間不信になっても仕方ありませんが、全身で人間に対する哀しい怒りを放つ犬や猫と暮らすことは 簡単ではありま...
  皆さま 2021年も慈恵病院・新生児相談室を宜しくお願い致します。   昨年から続くコロナの影響で新年のスタートから各地で緊急事態宣言が発令され 集団での説明会や家庭訪問など行うことができずにおります。 児童相談所での里親登録研修会も延期になっているようで 養子を迎えたいとお考えの方々にも、もどかしい時間ばかりが過ぎていきます・・・ 一日も早いコロナの収束を願うばかりです。 慈恵病院の特別養子縁組に...
早いものでもう12月・・・今年も残すところ1か月となりました。 熊本はここ数年暖冬が続いておりましたが久しぶりに冬らしい寒さです。 皆様、お変わりございませんでしょうか? ブログの更新が大変長く滞りまして申し訳ございませんでした。   さて。 最近の相談室は「特別養子縁組成立後の家庭訪問」「養育開始半年の家庭訪問」と 家庭訪問が続いております。 毎月、養育環境のご報告をいただいておりますが、生まれて数日でお別れした赤ち...
コロナの感染拡大が止まりませんね。 熊本も警戒レベル4まで引きあがり、不要不急の外出自粛が求められています。 そのような中で、実施しなければならない「縁組前家庭訪問」 本来でしたら可愛い可愛い赤ちゃんたちの成長をこの目で確認したいですし、抱っこもしたい。 お話も実際にお会いして直接お聞きしたい・・・ そこで、慈恵病院では「オンライン家庭訪問」を行っています。 熊本市との取り決めで、実際に一度お宅に伺っているご家庭に関してはオンラインでも問題...
IMG_6063 (002)
梅雨明けを心待ちにしていた今日この頃 日本列島、いったい何が起きているのかと心配になる大雨の災害。 熊本は球磨川が氾濫し、人吉球磨地域に甚大な被害がありました。この梅雨の間は全国的に一級河川が氾濫する光景が。 自然災害の恐怖でしかありませんよね。それに加えコロナの更なる拡大、一日も早い収束を祈るばかりです。 さて!今回は養親さんからの寄稿をご紹介致します。 なんとこの記事をアップしようとしている最中に特別養子縁組成立のご連絡が飛び込んでまいりまし...
IMG_8574
  「慈恵病院を見つけることができなかったら、赤ちゃんは遺棄していたかもしれません」 そう話してくれたのは今年3月、コロナが爆発的に流行する直前、たった一人で北陸から当院にたどり着いた女性です。 当院が「やむにやまない事情」で保護した妊婦です。 前回もお伝えしましたように、8月からスタートする「困窮妊婦保護室」通称「エンゼルルーム」の開設許可に大きな影響を与えてくれた女性のお話しです。   「仕事を失えば住むところも失うという派...
報道や新聞でご紹介がありましたとおり 今年1月から協議を重ねてきた 「困窮妊婦保護施設(エンゼルルーム)」設置の許可が下りました。 これから、改装など始まり何かと慌ただしくなります。 この施設の許可が下りる前にも、やむにやまない事情があって 緊急避難的に受け入れた妊婦さんがいました。 そんな彼女たちが経験してくれたことは、私たちにも様々な学びがありました。   毎日三食、食事があること。 「ご飯食べた?」...
IMG_8371
コロナ問題の最中、他県への移動制限がかかり家庭訪問も思うように進めることができず。 養親候補の皆様には面談や家庭訪問をお待たせしておりまして申し訳ございません。 しかしながら、そんな中にも切羽詰まった実母さんはやってくる、赤ちゃんは待ったなしで生まれます。 このような緊急の事態に対応してくださった皆様、本当に心から感謝申し上げます。 6月20日をもって、他県への移動が緩和されるので再開の目途が立ちそうです。 コロナ禍中、相談員も極力、公共交通機関は使わないよう、...
s-kwe2003271400_075
  慈恵病院が特別養子縁組あっせんを始めて1年と数カ月経ちました。 長い審判の時を経て、縁組成立、ご入籍となられたご両親が想いを綴ってくださいましたので、ご紹介させてください。     私達夫婦が息子と出会ったのはちょうど1年前くらいになります。 初めて会った日のことが、ついこの間の事のようです。 毎日、悪戦苦闘しながらも 一日一日 成長を見守っていける喜びと 私たちを「お父さん、お母さん」にしてくれた事 そして...
  養親さんが初めて赤ちゃんに会いに来られる日・・・「親」としての一歩を踏み出す日。 私たち相談員とっても忘れられない日になるのです。 「パパだよ、ママだよ」赤ちゃんを養親さんの元にお連れした時に流される涙は私たちの想像を遥かに超えた 「出逢えた喜び」だと思うのです。 養親さん方の多くは不妊治療を経験されています。 長きに渡る不妊治療は肉体的な疲労だけではなく、経済的にも精神的にも追い詰めます。 特に精神的な疲労は心を蝕むと伺いました。 不妊...