baby2017 第14回アジアヘルスプロモーション会議 - 熊本市 | 産婦人科 無痛分娩 小児科 慈恵病院
熊本の産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

熊本産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

地域の皆様に愛される医療を

こうのとりのゆりかご|慈恵病院

メニューバー

第14回アジアヘルスプロモーション会議

2018-05-14

4月14日、15日、熊本市民会館において、第14回アジアヘルスポロモーション会議を開催しました。

これは、「Baby  Box」をテーマにした国際シンポジウムで、今回は当院が事務局となりました。

 

IMG_7653

 

はじめに、当院の蓮田院長より、主催者を代表して挨拶、2日間でアメリカ、中国、ドイツ、インド、韓国、

ラトビア、ポーランド、南アフリカ、ロシア、スイス、日本、の計11カ国の「Baby  Box」について、

運営者や研究者より報告しました。

 

DSC_0792

 

アメリカ在住の消防士、モニカ・ケルシーさんです。

ご自身の体験を基に、アメリカで初めて「Baby Box」を設置した経緯についてお話しくださいました。

 

DSC_0867

 

当院の蓮田副院長は、ドイツの内密出産制度や当院の「こうのとりのゆりかご」について、説明しました。

 

質疑応答では会場から次々と質問が挙げられ、活発な議論が交わされました。

 

 

DSC_0853

 

講演の他に、ポスター掲示や写真展もあり、当院の竹部看護部長も特別養子縁組における

養親への支援について報告しました。

また、希望者には当院へシャトルバスを出して、「こうのとりのゆりかご」や分娩室等を見学していただきました。

 

DSC_0822

 

英語以外にドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語、などたくさんの外国語を浴びた2日間となりました。

言語はもちろん、文化や考え方の違い、宗教や食事の違いなど、たくさん異なる点がありますが、

各国共通するのは「赤ちゃんの命を1人でも救いたい」という強い思いと、その行動力です。

参加した皆さんが、それぞれ熱い思いを持って帰られたのではないでしょうか。

 

今回のシンポジウムについては、別途まとめて報告する予定です。

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2008-2013 JIKEI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.