熊本の産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

熊本産婦人科、無痛分娩などは慈恵病院まで。

地域の皆様に愛される医療を

こうのとりのゆりかご|慈恵病院

メニューバー
 
分娩費用について
出産育児一時金の直接支払い制度について

この制度を利用すると、分娩費用の420,000円が、患者さんが加入されている保険者から直接病院へ振り込まれますので、患者さんの窓口での負担はありません。
当院で分娩される方皆様に、この制度の申込用紙を事前にお渡ししていますので、ご検討の上、分娩での入院時に同用紙をご提出ください。

帝王切開分娩を予定されている方は、
  事前に限度額認定証の手続きをされるようお勧めいたします。

 

無痛分娩については、追加費用は発生いたしません。

下記の場合は、別途料金が発生いたします。
・特別室 ・・・・・・ 8,000円/日
・出産育児一時金、出産手当金、各種書類 ・・・・・・ 2,100円/通
・入院証明書(生命保険用) ・・・・・・ 5,400円/通
・タンデムマス、ポンペ、ファブリー検査 ・・・・・・ 4,800円/回
・ニップルシールド(乳頭保護器) ・・・・・・ 626~1,253円/個

(平成26年4月改正)

 

○一度分娩室へ入室されて、分娩せずいったん帰宅された場合

 健康保険対象外の場合、1日30,000円(税込)ご負担いただきます。

 

○ご退院の延期の場合

 健康保険対象外の場合、1日30,000円(税込)ご負担いただきます。

乳児医療費受給の手続きの方法

ご出産後に赤ちゃんの保険適用の検査や治療をした場合、別途料金が発生します。1ヶ月健診までに赤ちゃんの保険証などが出来ていない場合、いったん自費でいただく場合があります。ご了承ください。

※ご不明な点がございましたら、会計担当者へお尋ねください。

平成28年12月1日

Copyright© 2008-2013 JIKEI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.