慈恵病院 無痛分娩

体験談コメント
産後すぐに動けるようになった

〇良かった点

陣痛の痛み、赤ちゃんの頭が出る時の痛みが和らいだ。産後の回復は本当に早く、すぐに動けるようになった。無痛分娩は痛みに対する恐怖心が和らぐ。

 

〇その他

硬膜外麻酔のチューブを入れる時も痛みも少なく、迅速に対応していただきありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
すぐに効果があって良かった

〇良かった点

これ以上痛みに耐えられないと思う頃に麻酔を打ってもらえたので、痛みが無くなって楽になりとても安心した。すぐに効果があって良かった。眠気もあったのでゆっくりできる時間ができて良かった。食事はできなかったが痛みが無くなる方が優先だった。

 

〇悪かった点

タイミングによっては食事がとれないこと。陣痛時に体勢を整えないといけなかったのがきつかった。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
MAXの陣痛を感じることは無かった

〇良かった点

陣痛が楽になって生まれる瞬間をしっかりと見ることができたのが良かった。麻酔が切れかけて痛みが戻りそうになったら、すぐに麻酔を追加していただき、MAXの陣痛を感じることは無かったので、すごく気持ちも落ち着いて出産できて良かったです。

 

〇その他

あまり早く麻酔を始めるとお産が進まなくなるとのことで、始めるタイミングを助産師さんとしっかり相談させていただいて開始できたので不安が少なくなり、麻酔後もスムーズに出産に繋がり良かったです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩じゃなかったら耐えられなかった

〇良かった点

陣痛が楽になりました。ゼロではないけど、合間に睡眠がとれるくらいの痛みでした。無痛分娩を選択して本当に良かったです。

 

〇悪かった点

足が痺れた感じがありました。

 

〇その他

沢山の助産師さん達、先生お世話になりました。皆さん優しくて心強かったです。そして無痛分娩じゃなかったら耐えられなかったと思います。ありがとうございました。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
麻酔チューブを入れたときの痺れだと思われます。一時的なものであれば問題ないですのでご安心ください。
痛みが強くなったらすぐ麻酔をすることができた

〇良かった点

麻酔をしてすぐ陣痛の痛みが無くなり、すごく楽になった。少しずつ麻酔が切れて痛みが出てきたが、我慢できるところまで我慢して、痛みが強くなったらすぐ麻酔をすることができたので気持ちに余裕があった。

 

〇悪かった点

麻酔をした後から身体の震えがあった。追加の麻酔を入れる時には治まっていた。

 

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
冷蔵庫に入った、冷たい麻酔薬を使いますので、麻酔薬注入30分間は、冷たさに神経が反応して体が震えることがあります。
会陰切開後の縫合も痛くなかった

〇良かった点

陣痛をMAXの痛みまで感じず楽になり、出産への不安が減った。痛みを感じたときに先生と相談して薬を追加することができた。会陰切開後の縫合も痛くなかった。

 

〇悪かった点

陣痛の波が遠のいた。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
幸せな出産となりました

〇良かった点

陣痛や縫合の痛みが楽になった。

 

〇その他

里帰り出産のため、熊本で出産された友人にお勧めの産院を聞き、慈恵病院での出産を決めました。友人の担当医が勇児先生で、すごく良い先生だと言っていたので私も勇児先生を担当医として希望させていただきました。結果、本当に本当にとても幸せな出産となりました。また出産する機会があったら慈恵病院で勇児先生にお願いしたいです!!助産師の大石さんもとても優しく、無事に出産することができました。心遣いやアドバイスがすごく心強かったです。本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
耐えられる程度の痛みになった

〇良かった点

陣痛が大分楽になった。全く無くなるわけではなかったが、耐えられる程度になった。出産後の処置の際は全く痛みが無く、リラックスして過ごせた。麻酔が切れ始めてすぐ麻酔を追加するとお産が進まなくなると聞き、限界まで我慢したが“どうしてもの時は麻酔がある!”ということが心の支えになった。

 

〇悪かった点

1回目の麻酔投与後、しばらくして全身の震えがありびっくりした(副作用だと聞き安心した)。下半身の感覚があまり無いため、いきむのが難しかった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
痛みは感じませんでしたが圧迫感がありました

〇良かった点

陣痛が楽になった。赤ちゃんが誕生する瞬間を穏かに迎えることができた。産後の処置(縫合など)も痛みが無く楽だった。

 

〇悪かった点

麻酔を追加して効くまで10分程度かかり、その間が辛かった。追加を依頼するタイミングが難しかった。

 

〇その他

最初に説明を受けていた通り、痛みは感じませんでしたが圧迫感がありました。助産師さんがずっと腰をさすってくださり、すごく心強かったです。デメリットも聞き、不安もありましたが、無痛分娩できて良かったと思いました。本当にありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
全くと言っていいほど痛みを感じませんでした

〇良かった点

前回の出産が自然分娩、促進剤を使って出産しました。すごく痛みがあり、今回も促進剤を使った出産のため無痛分娩にしました。自然分娩に比べると私は全くと言っていいほど痛みを感じず、楽な出産でした。また、回復も前回はへとへとだったのに比べ、今回は元気がまだ残っており、回復も早かったように思えます。何より違うなと感じたのは陣痛中も余裕があり看護師さんと会話が普通にできたり、携帯で家族と会話、連絡をする余裕が持てたうえで出産できたので良かったです。

 

〇悪かった点

麻酔が切れたとき、チューブを刺していた場所と会陰切開した部分の痛みはありました。

 

〇その他

良いお産ができて満足しています。もし3人目ができたらまた無痛分娩にしたいと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩の良さを100%体験することができなかった

〇良かった点

硬膜外麻酔をした直後から陣痛の痛みが全く無くなり楽になった。

 

〇悪かった点

陣痛が弱くなり、お産がなかなか進まず時間がかかった。促進剤を使い最終的に吸引分娩になった。

 

〇その他

無痛分娩の良さを100%体験することができなかった。3回目のお産にして今回初めての無痛分娩だったが、陣痛が楽になっていくので、精神的に気持ちが落ち着いてよかった。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
仮眠をとって体力を温存することもできました

〇良かった点

とにかく痛みに弱い自覚があり、辛い時には楽になる方法がある!という思いでいられて心の支えになりました。子宮口が開いてからは麻酔を入れさせてくださったので、かなり楽になりましたし、仮眠をとって体力を温存することもできました。赤ちゃんが誕生する時もしっかり見られて、痛みを感じなかったからこそ変えられない経験になったと思います。

 

〇その他

左右の効きが異なり、薬を追加して入れてもらうなど対応していただきました。こういったことが起こることは事前に聞いていたため「このことか!」くらいで思いましたが、少し辛かったです。産後、副作用で熱が出たものの、痛みとの交換だったと考えたら楽でした。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
無痛分娩の経過中に発熱が発生することはありますが、出産を終えられて、病室に戻られる時点で熱が出るのは非常に稀です。
初産婦には無痛分娩は向いてなさそう

〇良かった点

出産時の痛みへの不安が和らいだ。

 

〇悪かった点

お産が早く進み、麻酔のタイミングが無くなり、自然分娩になってしまった。

 

〇その他

初産婦には無痛分娩は向いてなさそうだと感じた。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
陣痛も出産の痛みもほとんどん無く産むことができた

〇良かった点

1回目と今回のお産で陣痛促進剤を使いました。耐えられない程の痛みを無痛分娩の麻酔のお陰で乗り越えることができました。2回目では進みが早かったので、すぐに麻酔を入れてもらえました。陣痛も出産の痛みもほとんどん無く、落ち着いて産むことができました。

 

〇悪かった点

お産の進みが遅くなること

 

〇その他

今回も無痛分娩を選んで良かったです。高齢出産だからか進みが遅く、陣痛促進剤を入れて3時間たったころ、進み具合を聞くと、全く同じだったときは心が折れそうでした。麻酔をストップしては?と提案されたが、痛みにとにかく弱いため、引き続き麻酔を入れてもらうことになりました。長時間のお産になったけど無痛分娩のお陰でつらい陣痛分を耐えられたと思っています。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
深夜でも対応してくれた慈恵病院

〇良かった点

陣痛が格段に取れ、産後のダメージも想定より少なく、何よりこどもを余裕を持って迎え入れることができて本当にありがたかったです。お陰で夫にもあたたかい気持ちで接することができました。他院で「うちでは休日の出産は麻酔対応しません」と当日に断られた人がいると聞いたので、深夜でも対応していただいた慈恵病院にはありがたい限りでした。

 

〇その他

2か所での麻酔により、お尻側の痛みも軽減する慈恵病院の麻酔が広まってほしいと思いました。本当に感謝しています。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
デメリットは特に感じませんでした

〇良かった点

まずはとにかく陣痛が楽になったこと、もっと言うと本当に不思議なくらい無痛になったことが良かったです。また、心のお守りのような感覚で「ここまで頑張ったら、麻酔の追加をお願いしようかな」「さっきはすぐ追加してもらったから、次はこれくらいまで頑張ってみようかな」と自分の中で“お守り”があるからこそ、目標を持ちながら過ごして行けたことが良かったと思います。痛みにとにかく弱いタイプで、陣痛、出産が少しトラウマな私にとっては、本当にありがたかったです。

 

〇悪かった点

私は特に感じませんでした。事前にきちんと説明をしてくださり、病院の動画を見たりする中で、メリット、デメリットを把握したうえで、自分で選択したことでしたし、自分の中で完全に“無痛”ではないことは覚悟していたので、むしろ「本当に“無痛”になるんだ」「楽になるんだ」ということにただただ驚きでした。

 

〇その他

妊婦検診時から、出産までたくさんのスタッフの方、先生にお世話になり本当にありがとうございました。陣痛中には特に不安で仕方なかったのですが、助産師の方々には特に大変にお世話になり、こちらの伝えることに丁寧に耳を傾けてくださったり、共感や励ましの声掛けをしてくださったり、麻酔の追加もこちらがお願いするだけでなく、気にかけてくださったり本当に心強く、安心できました。不安で泣いたりしても、嫌な顔、態度をとられることなく、そのような行動1つ1つも、いくら仕事とはいえ出産に臨む側としてはとてもありがたかったです。関わってくださった方、お一人お一人に直接お会いしてお礼を言えず、アンケートに記入させていただきました。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
麻酔の効果をすぐに感じました

〇良かった点

1人目の出産がトラウマで2人目以降の妊娠中は出産が恐怖でしかなかったですが、今回無痛分娩を希望して、妊娠中も気持ちがとても楽になり、心に余裕を持てました。麻酔を入れてもらってからすぐに効果を感じました。最後の強い麻酔を打ってからは本当に全体が痛く無く、恐怖も全く無く、最後のいきみも落ち着いてできました!!誕生の瞬間もしっかり感動できました!!今まではやっと終わった・・・という気持ちの方が大きかったので。傷の縫合など処置まで麻酔がしっかり効いていて、ありがたかったです。無痛分娩にして本当に良かったです。

 

〇悪かった点

局所麻酔は平気だったのですが、管を入れる時に「動くと危ない」と説明を受けていたのにもかかわらず、身体が勝手にビクッと反応してしまい、何回かやり直しになってしまいご迷惑をお掛けしてしまいました。時間が過ぎるのがあっという間に感じ、麻酔が切れるのもあっという間で、最後の陣痛が強い時は、次の麻酔が効く間お尻が辛かったです。

 

〇その他

経産婦なので、麻酔の処置をする前に一気にお産が進んでしまったら・・・という心配をしていましたが、子宮口が開くのもゆっくりで、心配なら、と先に麻酔の処置をしてくださってすごくほっとしました。勇児先生、色々と気にかけてくださってありがとうございました。助産師さんも心配性の私に優しくサポートしてくださって、希望も聞いてくださって、本当にいいお産ができました。その他スタッフの方々、優しい方ばかりでとても良くしていただきありがとうございました。感謝です!!

 

分娩回数5回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩じゃなければこどもが欲しいとは思わなかった

〇良かった点

産む前の不安が少なく「こどもをつくろう!」と思うことができました。仕事面のことや年齢のこともあったので“無痛分娩”が無ければこどもが欲しいとは思わなかったと思います。

陣痛中、麻酔を投与していただけたので、痛みが楽になり、心が安定しました。自身の親の凄さを改めて感じました。

 

〇悪かった点

無痛分娩のせいか年齢や体力的な問題のせいかは分かりませんが、時間がかかりました。

 

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
大声も出さず、汗もかかず、穏かなお産でした

〇良かった点

無痛の場合でも陣痛の痛みはある程度あると聞いていたので、陣痛は覚悟して挑みましたが、助産師さんに「痛む時は麻酔を追加しますね」と言っていただいていたので我慢することなく追加してもらい、痛みが激減するのがすぐ分かった。大声も出さず、汗もかかず、穏かで心に余裕のある出産になり、産まれてきてくれることに感動できました。助産師さんが物凄く指導が上手でした。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
安心してお願いできた

〇良かった点

出産の瞬間をはっきりと感じることができ、夫に立会いしてもらうのも無痛分娩のおかげで心配することなく、赤ちゃんの誕生を喜ぶことができました。

 

〇悪かった点

進行が遅くなってしまったため、途中で麻酔を使えず、麻酔が効いていた時との差に身体がついていかなかった。

 

〇その他

しっかりと助産師さんが説明を状況ごとにしてくださり、自分も納得したうえで麻酔を調整してもらえたので、今回のお産にとても満足しています。蓮田先生の動画等も沢山見ていたので、麻酔をしてもらうときも本当に安心してお願いでき、大変感謝しています。麻酔が効いているときはびっくりするほど冷静でいられるので、体力も温存できました。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
姿勢を気にせず横になることができた

〇良かった点

陣痛はほとんど感じられず、お尻に違和感がある程度でした。麻酔もすぐに効いてくれたし、出産後すぐも麻酔が効いたままで、恥骨や腰痛、足の痛みが軽く姿勢を気にせず横になることができた。

 

〇悪かった点

お産が終わった後、震えが来てちょっと怖かった。背中に注射する際、反射的にビクッとなってしまい、動かないように思っていても難しかった。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自分に余裕があったからこその感動でした

〇良かった点

私の場合、なかなか子宮口が開いてくれず、開いたと思ったらあっという間に全開になったので、辛い陣痛もありましたが、子宮口が開いてから無痛の麻酔を入れてもらうと、本当に楽になりました。痛みで自分がどうにかなってしまいそうな怖い気持ちがあったのですが、麻酔が効き始めてからだんだんと痛み意外に物事を考える余裕がでたのがとても良かったです。赤ちゃんに無事産まれてほしいという思いが痛みよりも大きく考えることができ、呼吸を意識して過ごせました。また、出産後の会陰の処理や胎盤の処理など痛みを感じなかったので、赤ちゃんとの初めての時間をとても有効に過ごせました。出てきた時の感動や初めて抱っこした感覚は無痛分娩にして自分に余裕があったからこそ、より鮮明に記憶される思い出となりました。

 

〇悪かった点

無痛のデメリットは自分の分娩時には感じませんでした。お産後に熱がでましたが、風邪の時の熱の感じではなく、きつくなかったです。

 

〇その他

自分の親や祖父母世代は「無痛なんて・・・」「痛みを経験しないと」など事実などない根性論を話してくる人も、悲しいことにまだいると思います。無痛分娩が、そのような目で見られないといいなと自分が妊娠して思いました。全国的にも名前が知られている慈恵病院からいろいろな媒体を使って引き続き無痛分娩を紹介していただきたいと思いました!応援しています!

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
この程度の痛みでお産を終えることができ、びっくりしました

〇良かった点

破水、陣痛を迎えて前2回の出産の痛みが少しずつ蘇ってきましたが、今回は無痛分娩だから前ほど痛くないはず!と心に余裕を持つことができました。陣痛がある程度強くなるまで、麻酔はまだかなと思っていたのですが、私の場合、すぐに麻酔を入れてもらうことができました。麻酔後は直腸と膣の方は全く感覚が無く、痛みが0でした。本来なら痛い内診を、感覚無しで受けられました。下腹部痛は少しありましたが、全然耐えられる痛みでした。この程度の痛みでお産を終えられるのか疑っていましたが、無事に出産でき、びっくりしました。疲労も全然なかったです。しかも無料なんてありがたいです。無痛分娩にして本当によかったです。

 

〇悪かった点

チューブを入れる時の違和感、軽度の気持ち悪さくらいです。足の痺れもすぐなくなりました。

 

〇その他

夜に私の出産のために病院まで来てくださった、松尾勇児先生、ありがとうございました。本当に少ない痛みで産むことができました。優しく声掛けしてくださった助産師さんの方々にも感謝しています。一昨年の11月に息子を死産し、悲しい思い出の場所でもありましたが、今回は元気に次女を産むことができ、ほっとしています。ありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
リスクもあるので少しは迷ったのですが無痛分娩にして良かったです

〇良かった点

産まれてくる時の痛みが無かった。

 

〇悪かった点

力の入れ方が分からなかった。

 

〇その他

初めての出産で分からないことが分からなくて、いつまでに子宮口が開いていたらいいか聞いておかばよかったし、陣痛がひどくて、ほぼ何も食べてない状態での出産だった。体力が続かず、うまく力が入らなかった。助産師さんが足が痛い時にさすってくださったので、少し楽になり、助かりました。助産師さんも看護師さんも優しく声をかけてくださって、うまく力を入れられなくて時間がかかってしまったのが申し訳なかったです。本当に感謝しかないです。ありがとうございました。2人目も絶対またここで産みます。先生も助産師さんも看護師さんも優しくて安心しました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
安心して麻酔を受けることができました

〇良かった点

陣痛の痛み(お腹と腰)が楽になった。硬膜外麻酔をするときの痛みにも不安がありましたが、痛みはなく少し違和感があっただけで安心して麻酔を受けることができました。陣痛で心が折れそうになりましたが、スタッフの皆さんや麻酔のお陰で最後まで頑張れました。無痛分娩を選択して本当に良かったです。

 

〇悪かった点

左足に痺れや感覚が無く、しばらく動かしたり歩いたりすることが困難でしたが、数時間後には感覚も戻り、動くことができました。

 

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
薬が効いている間ゆっくりできた

〇良かった点

初めての分娩だったが、陣痛が楽になり、薬が効いている間にゆっくりする事ができた。産んだ後も体が楽だった。縫合も痛みが無く病室についた後の排尿もほぼ痛みを感じなかった。

 

〇悪かった点

赤ちゃんがなかなか下りてきてない時は薬を入れなかった為、少し辛かった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
長時間でも頑張れました

〇良かった点

陣痛が楽になったので、長時間でも頑張れました。元々、痛みに弱いため、痛みが和らぐ時間が無いと精神的にきつくなっていたと思います。

 

〇その他

陣痛が長引いて促進剤と無痛の併用だったので、お互いの効果が相殺されそうで、意味があるのかな?と内心思っていましたが、陣痛が強くなっては麻酔で和らげてもらい、痛みに波があったので頑張ることができました。促進剤だけだったり、無痛無しだったりと考えると少し怖いです。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
体力をあまり使わずにお産に挑めました

〇良かった点

陣痛の辛い痛みが無くなり、体力をあまり使わずにお産に挑めました。

 

〇悪かった点

思ったより背中に注射の痛みが残ったので、産後仰向けで寝るのが難しかったです。

 

〇その他

麻酔が切れそうなタイミングで助産師さんがいつも声をかけてくださったので、とてもありがたかったです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
動かないようにするのが大変だった。

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になった。赤ちゃんが出てくる時、落ち着いてしっかり見ることができた。出産後の処置時も赤ちゃんに気持ちを向けられた。

 

〇悪かった点

陣痛が最大の時に麻酔を入れられるのに動かないようにするのが大変だった。右足の感覚が無く、自分ではしばらく動かせなかった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
麻酔アレルギーにも対応してもらいました

〇良かった点

一回目の無痛分娩は痛かったですが、2回目と3回目は驚くほど痛くなく(生理痛くらい)あっという間に出産で、麻酔アレルギーにも対応してもらい安心して出産できました。

 

〇悪かった点

今回は無かったですが、2回目の無痛分娩の際に左足の麻酔が2ヶ月ほど取れなかった。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
どこまで陣痛を我慢すればよいか分からなかった

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になった。赤ちゃんが3024gと大きすぎなかったための可能性もありますが、翌日から歩くことがそこまで大変でなく、3日目にはすたすたと歩くことができた。赤ちゃんのおむつ交換や授乳の時にもなるべく赤ちゃんを待たせたくなかったのでとても助かりました。

 

〇悪かった点

麻酔を入れてもらうタイミングを決断するのが難しいと感じた。もっと最初の陣痛に我慢できていれば、最後まで無痛で分娩が終わったが、早い段階で麻酔を入れてしまった為、最後は自然分娩となってしまった。お産が長引いたため、体力がキープできなかった。麻酔が切れてくると痛みが戻っていくため、また麻酔が効くまでの間、強い痛みに耐えるのも精神的に辛かった。

 

〇その他

慈恵病院の様々な無痛分娩に関する動画をみたり、サイトで調べたつもりだったが、実際に無痛分娩を行ってみると、自身の理解度の低さを痛感しました。無痛分娩の実際の動画を見たりしたが、良くも悪くも編集されているため、大まかな流れを理解していても、どこまで陣痛を我慢した方が良いのか、また、背中が痛くても麻酔の管が入っていると、助産師さんにさすってもらえないなど、いろいろな点で気付けていない部分があった。麻酔の針を刺す際に「今から針を刺して管を通すから、今から絶対動かないでください!」といった一言が先生か助産師さんからあると助かるなと思いました。刺す前までに消毒などの時間もあり、実際に刺された瞬間にビクッと動いてしまった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
仰向けで寝ることができなかった

 

〇良かった点

自然分娩と比べると陣痛がかなり楽でした。産後も体力が残ってた。コロナ禍で立ち合い出産ができない中、一人での出産ができない中、一人での出産でも不安が無かった。

 

〇悪かった点

針を刺した背中と腰が痛くて仰向けで寝ることができなかった。

分娩回数回目
硬膜外無痛分娩回数回目
助産師さんが腰をさすってくれた

 

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になり、子宮口が開くまで時間はかかったが落ち着いて過ごすことができた。体力を温存できていたので、産まれる直前のいきむ時、うまく力を入れることができ、スムーズだった。

 

〇悪かった点

麻酔が切れるのが意外とはやく、切れると激痛だった。しかし、お願いするとすぐに追加してくださり、楽になった。

 

〇その他

痛かった時、助産師さんが腰をさすってくださり、とても有難かった。助産師さんあっての無痛分娩だと思った。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
慈恵病院で出産できて本当に良かったです!

〇良かった点

初産ということもあり、陣痛の痛みに対する恐怖が大きかったので、精神的にも楽でした。ダブルカテーテル法を選択させていただいたので、より安心感があって、チューブが入ってしまえば背中に違和感が無く分娩に集中することができました。産後に痺れや違和感やお腹の痛みなどほとんどなく、すぐに歩けるので辛さは感じませんでした。本当に回復が早かったです。排尿もすぐに感覚を取り戻すし、痛さもほとんどなく、良かったです。背中のチューブを抜いた後の痛みも全くありません。

 

〇悪かった点

初産で子宮口の開きが悪く、麻酔が入ると陣痛の痛みが鈍るので、結局は陣痛に長時間耐えて、子宮口を最大に開く作業が苦痛にはなりました。いきむ時も麻酔が入ると陣痛の痛みが鈍るので、結局は陣痛が来ているタイミングでいきまないと赤ちゃんが降りてこないので痛かったです。痛みに耐えられなくなり、高血圧になって、赤ちゃんにもすごく負担をかけていたので、先生の判断で吸引分娩となりました。

 

〇その他

初産で妊娠中から毎日不安な日々を過ごして、出産予定日が近づくにつれて、本当に出産に耐えられるのかと思っていたので、無痛分娩のメリット、デメリットを体験して改めて無痛分娩を選択して本当に良かったと実感しております。自然分娩だったならと考えると恐怖でしかありません。もし第2子を妊娠したならば、間違いなくまた無痛分娩を選択します。今回、私がいきむ時に痛みに耐えきれなくて、高血圧で赤ちゃんにもすごく負担をかけていると知って、帝王切開を覚悟しました。ですが、蓮田先生のご判断で吸引分娩にしていただいて、赤ちゃんも元気に産まれて、私の負担も軽くしていただいて、蓮田先生には本当に感謝しかありません!ありがとうございました!第二子を妊娠した際にはまた蓮田先生にぜひお願いしたいです。慈恵病院で出産できて本当に良かったです!友人が妊娠したら、慈恵病院を勧めます!

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
耐えることができる痛みだった

〇良かった点

1回目は自然分娩だったからか、薬が効いている間の痛みは全く無く、薬の効果が薄れると痛くはなるけど、耐えることができる痛みで、「痛いです」と伝えるとすぐ薬を入れてくださったので良かったです。産後の回復が早いのはもちろん、分娩中にはリラックスでき、子どもが生まれてくる瞬間をしっかり見る事ができたのが1番良かったです。(1人目の時は痛みがすごく、産まれてくる時をよく見れていなかったので)痛いのがとにかく怖い私でも注射さえ我慢すれば良かったので、無痛分娩にして良かったです。

 

〇悪かった点

背中に針を刺す時に、おしりにビリっとする感じの痛みがあり驚いた。薬が背中に流れてくる感じが分かるので、薬が効いているのも分かるけど、私にはヒヤッとした感じが少し怖かった。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
ビリっとする感触は、麻酔チューブを入れたときの痺れだと思われます。一時的なものであれば問題ないですのでご安心ください。
感謝しかありません

〇良かった点

出産の痛みに耐えられるか不安があったので、安心して出産することが出来ました。陣痛の痛みがとても楽になり、陣痛の合間にしっかり身体を休めることができました。痛みが無くなり始めたときは心身ともに楽になりとても優しい気持ちになりました。麻酔をいれる時も、丁寧な説明をしてくださったり、寄り添っていただき、サポートしてくださいました。出産後すぐ食事もできて驚きました。無痛分娩にして良かったです。

 

〇その他

大変お世話になりました。37週での転院を快く受け入れてくださり、助けていただきました。初めての出産で不安な気持ちばかりでしたが、皆さんがしっかり傍で寄り添っていただき、サポートしてくださったおかげで無事出産を終えることができました。人生で大事な経験を慈恵病院の方々に支えていただいたことにとても感謝しています。今の私があるのは蓮田先生、スタッフの皆様のおかげです。慈恵病院は女性の味方です。感謝しかありません。本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
助産師さんが一緒に考えてくれた

〇良かった点

麻酔が効いている間は体力を回復することが出できた。麻酔を入れても痛みが引かないことを伝えると、量の調整をしてもらえた。赤ちゃんが出る直前に麻酔が効いていたため、いきむことに集中できた。

 

〇悪かった点

産後に発熱したがすぐにおさまった。

 

〇その他

麻酔を使うとその分お産が進まなくなる可能性を考えると使うタイミングをすごく迷いました。助産師さんに相談すると一緒に考えてくださり、不安も軽くなりました。結果、予想より早く出産を終えることができて良かったです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
気持ち的にすごく落ち着いた

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になって落ち着いて呼吸もできました。産まれる瞬間もしっかり赤ちゃんを見る事ができました。気持ち的にもすごく落ち着いて出産できて良かったです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
デメリットも含め、総合的に満足しています

〇良かった点

普段から痛みに弱い体質で、出産に対する恐怖心も強かったため、少しでも不安を軽減するために無痛分娩を選びました。陣痛は想像を絶する痛みでしたが、麻酔が効いてからはみるみるうちに痛みが和らいで、本当に楽になりました。痛みがゼロになるわけではありませんが、麻酔なしで出産していたらと思うとゾッとします。無痛分娩でなければ途中で心が折れていたと思います。会陰の縫合も麻酔のお陰で全く痛みを感じませんでした。他の病院では無痛分娩を選択すると追加費用がかかるのが当たり前ですが、自然分娩と同じ金額でできるのも本当にありがたかったです。

 

〇悪かった点

無痛分娩は2回目でしたが、どちらも術後気分が悪くなり嘔吐しました。麻酔の影響からか発熱もあり、全身の震えも止まりませんでした。ですが、陣痛の痛みと比べるとめちゃくちゃ辛い経験とは思わなかったので、仕方のない副作用かなと受けとめられました。デメリットも含め、総合的に満足しています。

 

〇その他

無痛分娩については世間でも賛否両論ありますが、私は一つの選択肢としてもっと多くの方に前向きに捉えていただきたいです。慈恵病院ではメリットもデメリットも詳しく解説されたホームページやパンフレットがあったり、実際の患者さんの声も多く掲載されており、無痛分娩についてもイメージがしっかり湧いたので安心して選ぶことができました。2回目の出産でそれぞれ別の先生に担当していただきましたが、麻酔のチューブを背中に入れる施術もスムーズであまり痛みを感じませんでした!もう次の出産は考えていませんが、無痛分娩にするか迷ってらっしゃる方がいらっしゃれば、ぜひおすすめしたいです。お産に対する恐怖心が強い人にとってはとても心強い分娩方法だと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
病院より
麻酔を開始して6時間程度が経過すると発熱が発生する傾向があります。ほとんどが問題のない発熱ですが、赤ちゃんに感染していないか心配しますので、出来れば発熱が生じる前に出産していただきたいところです。震えにつきましては冷蔵庫に入った、冷たい麻酔薬を使いますので、麻酔薬注入30分間は、冷たさに神経が反応して体が震えることがあります。
他院と比べて無料なのもとても良いと思いました

〇良かった点

自然分娩の経験が無いので比べられませんが、きっと痛みや産後の回復に効果があったのだと思います。他院と比べて無料なのもとても良いと思いました。

 

〇悪かった点

痛みが強くなってからの麻酔なので、身体が震えてしまい、動いてしまったので怖かったです。痛みが部分的に取れず完全に痛くない状態にはならないのだと思いました。

 

〇その他

痛くてもう無理!と何回も思いましたが、助産師さん方に助けていただいたお陰で、無事に赤ちゃんが生まれてくれました。本当に感謝しています。ありがとうございました‼素敵なお仕事だなあと実感しました✨病棟の皆さんにも入院中、色々教えていただいて、快適に過ごすことができました!

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
少しずつ取れていく痛みに気を紛らわすことができた

〇良かった点

痛みがピークの時に少しでも休息するタイミングがあり良かった。無痛分娩でも痛みはあると聞いていたので、ある程度覚悟はしていましたが、やはり痛かったです。助産師さんに薬の追加をお願いするとすぐに対応してくれ、少しずつ取れていく痛みに気を紛らわすことができました。

 

〇悪かった点

赤ちゃんが大きく、なかなか降りてこられなかったため、促進剤を打ったり、痛みがすごかったです。けれど、もし自然分娩にしていたら・・と思うとあの痛みより痛いと考えると耐えられる自信はありません!

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
いきむ感覚はちゃんとわかりました

〇良かった点

本当に最後の一番痛くなるだろう時に麻酔を入れてもらえたので、頑張れました。破水するまでは何とか耐えられる痛みでしたが、そこから麻酔が入っても涙が出るくらい痛かったので、もし麻酔をしなかったらと思うと恐ろしいなと思いました。最後のいきむ時の感覚が分からなくなるのでは?と不安でしたが、実際にはちゃんと感覚が分かり、助産師さんも補助してくれたので、我ながら上手にいきめたと思います。会陰も裂ける前に切ってもらえたので産後の痛みも少ないです。

 

〇悪かった点

1回目の時に進みが遅かったため、今回はなるべく我慢できるところまで痛みを耐えるつもりでいたため、急に進み始めた陣痛に麻酔が間に合うのか、お産中とても不安に感じました。結果的に麻酔も間に合い、お産も進んだので良かったです。タイミングは難しいなあと思いました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
コミュニケーションをしっかりとると手助けしてくださいます

〇良かった点

分娩進行によって痛みの部位が変わりますが、それに合わせて麻酔をしてくださるので痛みは少なかったです。麻酔を注入後痛みが和らぎ、休憩する時間があったので、無駄な力が入ることや精神的不安も軽減されました。余裕があったので「赤ちゃん今ここら辺にいるな」とか「今頑張って出ようとしているな」とか分娩進行が自分でもわかった点が良かったです。

翌日から普通に歩くことができたもの良かったです。

 

〇悪かった点

麻酔がとても効き、足の感覚がほとんど無かったので、分娩が進んでいるのか不安になったり、気持ち悪さなどありました。無痛分娩は主治医制と伺いましたが、里帰りや転院だと先生とあまりお話しする機会が無いので、不安でした。もちろんどなたも素晴らしい先生だと承知していますが、スタッフの方から説明があると決めやすいかなと思いました。

 

〇その他

背中への注射をしたことが無かったので不安でしたが、主治医からの説明があったので問題ありませんでした。どの妊婦さんも麻酔をして分娩となると不安があると思いますが、主治医や助産師さんと体の状況についてコミュニケーションをしっかりとると手助けしてくださるので安心しました。また、そろそろ痛みが強くなる頃にお声掛けくださったり、体勢を頻繁に変えていただき、麻酔の効きを良くしたりと沢山お気遣いいただきありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
陣痛を耐えながら同じ体勢をとるのが辛かったです

〇良かった点

誘発剤使用後から耐えられない程の痛みに心が折れそうでした。6㎝開大の時点で薬を使い、陣痛が本当に楽になりました。痛みが落ち着いてからは呼吸も楽になり、家族へも連絡できました。次の機会があれば無痛を選ぶと思います。

 

〇悪かった点

麻酔挿入時に陣痛を耐えながら同じ体勢をとるのが辛かったです。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
痛みだけでなくメンタル面も楽にしてくれる

〇良かった点

子宮がある程度開くまでは陣痛を感じなければならないが、麻酔を入れてもらえるという希望を持てて、痛みに耐えることができた。普通分娩だとまだ痛みが強いことを思うと頑張れた。痛みだけでなくメンタル面も楽にしてくれる。

 

〇悪かった点

麻酔が効きすぎて足の感覚が戻るまでに時間がかかり、不安になったがその都度、助産師さんが状況説明と励ましてくれたので良かった。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
やはり痛かったです

〇良かった点

痛みがピークの時に少しでも休息するタイミングがあり良かった。無痛分娩といえど痛みはあると聞いていたので、ある程度の覚悟はしていましたが、やはり痛かったです。助産師さんに薬の追加をお願いすると対応してくれ、少しずつ取れていく痛みに気を紛らわすことができました。

 

〇悪かった点

赤ちゃんが大きくて中々降りてこなかったため、促進剤を打つなどし、痛みがすごかったですが、もし自然分娩にしていたら・・・と思うと耐えられる自信はありません。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
出産の安心材料

〇良かった点

長時間耐えなければならない陣痛が楽になり、助かりました。初産だったこともあり、痛みが分からなくて怖かったですが、出産の安心材料になるので、次また産めるのなら無痛分娩いいなと思います。

 

〇悪かった点

痛みが出てきた時にもう少し早く「痛い部分を下に向ける」などのアドバイスが欲しかった。

 

〇その他

ホームページに無痛分娩の説明が詳しく載っていたので、自分でよく考えてお産が出来たので良かったです。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
素敵なお産にしていただきありがとうございました

〇良かった点

無痛分娩2回目ということもあり、陣痛の痛みに対して恐怖感が少なかったため、出産に対して前向きでいることができました。陣痛の痛みが楽なため赤ちゃんが生まれてくる瞬間も余裕があり、産まれたばかりの我が子との時間を有意義に過ごすことができました。

 

〇その他

コロナ禍で立ち合いができない中でのお産でしたが、陣痛がきて麻酔を入れてもらってからは痛みも少なく、先生と助産師さんが優しくリードしていただいたお陰で無事に出産することができました。素敵なお産にしていただきありがとうございました。お世話になりました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
メリット、デメリット、リスクを理解したうえで決断した

〇良かった点

今回立ち合いなしの状況だったので、無痛分娩の選択でお産への不安が軽くなった。陣痛が始まってからも「無痛分娩を選んでいる」ということが心のお守りになって麻酔を入れる前も、痛みをうまく受け流すことができた。麻酔を入れてからは、強い痛みに苦しむことが無かった。落ち着いて陣痛の波を乗り越えることができ、間でしっかり休むこともできた。子宮口全開時に陣痛(特にお腹)が全く痛くなく楽だった。産後2日目くらいから動けるようになり回復の早さを感じた。

 

〇悪かった点

会陰やお尻の痛み、圧迫感が残ったこと(麻酔を追加すると和らいだ)。麻酔の管を背中に入れる処置の間に陣痛が来ても動けず辛かった。足の痺れがあった。

 

〇その他

今回無痛分娩を選ぶことができ、本当に良かったです。コロナ禍ということもありお産の痛みを付き添いなしで乗り越えられるだろうか?と不安に思っていました。昨年、慈恵病院で無痛分娩をしたお母さん方から勧められて、ホームページの動画を拝見し、松尾勇児先生の説明を聞き、メリット、デメリット、リスクを理解したうえで決断したことも安心につながりました。以前1人目を普通分娩で産んだ直後は「お産なんてもう二度とごめんだ」と思いましたが、今回は「あと2~3人なら産めそう!」と思いました!無痛分娩により産前から産後まで心も身体も穏やかでいられました。今回の分娩を支えてくださった先生、助産師さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。また妊娠することがあれば“慈恵病院の無痛分娩”で産みたいです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
他院では手出し13万円でした

〇良かった点

麻酔をいれてからかなり痛みが楽になりました。私の場合、出産の瞬間の痛みが全くありませんでした。産後、麻酔が切れたらすぐに歩いて移動したり、ご飯を食べたりできました。

 

〇悪かった点

私は病院についてすぐ子宮口5㎝だったのですぐに麻酔を入れていただけましたが、本来ならば、お産が進まないので子宮口がある程度開くまで、かなり痛みを我慢しないと麻酔を入れてもらえないそうです

 

〇その他

1年3ヶ月前に他院で無痛分娩を希望して出産しました、その産院で硬膜外麻酔を打った際、足に電流が走ったようにビリっとしたり、保冷剤を当てて冷たさを確認しましたが、

しっかり冷たかったり、針を何回か刺し直したりしましたが、陣痛が和らいでなかったり、痛みの記憶が残っていて出産が近づくにつれ、とても怖くなり、破水した時から体が震えて止まらなくなっていました。しかし今回は迅速に正確に麻酔を打っていただき、痛みが自分でわかるほどに引いていき、また、痛くなってきたころに申告して追加で麻酔を入れていただき、お産の瞬間も痛くなく、トータルで前回のお産の10分の1ぐらいの痛みで済んだと思います。経産婦なのもあったと思いますが、あまりに違いすぎて驚きました。追加料金がないので前回より費用もかかっていません。前回は手出し13万円でした。やはり実績の違いでしょうか。もし次があるなら絶対またこちらで出産したいですし、知人にも進めていこうと思います。本当にありがとうございました。お世話になりました。

 

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
自分の感情を把握する余裕がありました

〇良かった点

子宮口8㎝になる少し前に麻酔を入れたので出産時の痛みが全く分からなかった。産まれる時の痛みが出産の1つの醍醐味だと思いますが、私は痛みに弱いので助かりました。産まれる直前にも自分の感情を把握する余裕がありました。お産直後も家族と連絡をすぐ取ることもできたので、回復は早い方ではないかと思います。もしまた出産する機会があれば絶対にまた無痛分娩を選びます。

 

〇悪かった点

確認はしてもらえましたが初産で子宮口の開き具合や、どのくらいの痛みで麻酔をしてもらえるのかがよく分からなかった。副作用があるかもしれないという情報は事前に知っていましたが、その中に「震え」があるのは知らなかった。

 

〇その他

初産のため緊張もあり、急遽誘発分娩になったので、不安ではありましたがこのコロナ禍に無事出産出来て良かったです。陣痛中もう少し励ましが欲しいところではありましたが、助産師さんが気にかけてくださり心強かったです。陣痛中の痛みはありましたが、無痛分娩にして後半の痛みが軽くなり、本当に良かったなと思います。先生、助産師の方々ありがとうございました!

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
1人で出産に向き合う不安感を軽くすることが出来た

〇良かった点

1人目を通常分娩、2人目を無痛分娩で出産したが、術前での説明で受けた通り、無痛分娩といえどやはりある程度痛みはあった。しかし、通常分娩の時と比べると痛みの程度が強くなる前に麻酔を注入するため随分と痛みが軽減され、体力を温存することが出来たと思う。また、陣痛に伴う痛みや恐怖感が和らぐことで、出産に前向きに取り組むことが出来た。コロナ禍で身近な人の付き添いも困難となりつつありサポートしてくださる医療スタッフがいるが1人で出産に向き合う不安感も軽くすることが出来たと思う。

 

〇悪かった点

麻酔がかかることで下半身がしびれ、感覚が鈍くなり下肢の冷感や体の震えなど起こった。麻酔の効果が弱くなっている時に震えが起きると骨盤周辺に振動が響き、陣痛とは別の痛みが生じた。麻酔により陣痛を感じにくくなったため、いきむタイミングが分からない時があること。

 

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
冷蔵庫に入った、冷たい麻酔薬を使いますので、麻酔薬注入30分間は、冷たさに神経が反応して体が震えることがあります。
耐えられない陣痛の痛みが軽くなった

〇良かった点

耐えられない陣痛の痛みが軽くなって本当に良かったです!お産を止めないように麻酔を入れるタイミングを決めて(提案くれて)無駄に大量に入れず、産むことが出来て良かったです。普通分娩だったら本当に無理だと思うくらいです・・・産後の回復も早かったと思います。

 

〇悪かった点

寒気・震えがあった。針を背中に入れる時動かないことにとても苦労した。針を刺していたところが少しズキズキした。

 

〇その他

担当の先生がご不在ではじめはとても不安でしたが、当日麻酔を担当してくださった先生の処置に全く不満はありませんでした。皆様大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
お産にトラウマが無いのは無痛分娩のおかげです

〇良かった点

陣痛の痛みが非常に楽になった。一度麻酔の効果を感じると、陣痛の合間の待機時間の恐怖を考えずに済んだ、精神的な心の拠り所ができた。

初産だったが、お産にトラウマが無いのは無痛分娩を選択したおかげだと感じている。

 

〇その他

都内からの里帰り出産の者です。ただでさえ都心部は出産費用が手出し20~30万円という中、無痛分娩を選択するだけで病院も限定され、上乗せ10万~20万円・・慈恵病院は(院長先生がYouTubeでも仰っていましたが)院内で可能な限り自助努力のもと無痛分娩という選択肢を出産一時金の範囲内で妊婦に与えてくださる、全国でも数件しかない産婦人科だと理解しています。本当に感謝しております。少ない額ではありますが感謝の気持ちは形にして還元!ということでこうのとりのゆりかご基金に募金させていただきました。本当に自愛に満ちたこの環境下で心から安心してお産と向き合えた一時に心から感謝しています。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
こうのとりのゆりかご基金にご寄付いただき誠にありがとうございます。 孤立した母子の支援のために大事に活用させていただきます。 また、無痛分娩の追加費用をおかけしない私共の方針にご賛同いただき光栄です。
会陰の処置時、何も感じなかった。

〇良かった点

赤ちゃんが出てくる時は全く痛みを感じなかったため、落ち着いてできた。会陰の処置時も何も感じなかった。

 

〇悪かった点

最初、効いていなかったけど、ちゃんと伝えると対応していただけて、最後の方は痛みは殆ど無く出産できた。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
落ち着いて出産したかったので無痛分娩を希望しました

〇良かった点

子宮口7㎝出産直前までの痛みが無かった。産後の筋肉痛が無かった。

 

〇悪かった点

手の震えがあった。いきむ感覚がわからなかった。

 

〇その他

初めての出産だったため、分からないことが多かったが、職員の皆さんが丁寧にサポートしてくださった。自然分娩だと、出産時にパニックになりそうで、落ち着いて出産したかったから無痛分娩を希望した。赤ちゃんが出てくる時、吸引分娩になってしまったがその様子をしっかりと見る事が出来て嬉しかった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
冷蔵庫に入った、冷たい麻酔薬を使いますので、麻酔薬注入30分間は、冷たさに神経が反応して体が震えることがあります。
麻酔が効いてからは家族と落ち着いて連絡を取ることができた

〇良かった点

陣痛の痛みがほとんどなく、コロナ禍で立ち合いなど中止になっていたので、麻酔が効いてからは家族と落ち着いて連絡を取ることができ、赤ちゃんが出てくる瞬間も気持ちに余裕があり感動が味わえた。

 

〇悪かった点

麻酔が切れてからの痛みに慣れなかった。

 

〇その他

羊水過少で1ヶ月程入院し、奥村先生をはじめ、看護師さんや助産師さんには大変お世話になりました。赤ちゃんを無事元気に出産できたのは、皆さまのおかげです。誘発分娩から無痛分娩の際も素早く対応していただき、寄り添ってくれたことですごく救われました。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
助産師さんと相談しながら麻酔を調整してもらえた

〇良かった点

陣痛の痛みは大分和らいでいたと思います。痛くなってきた部分を助産師さんと相談しながら麻酔を調整してもらえて、少し痛みが和らぐとよし、頑張ろう!と前向きにお産を頑張れました。

 

〇悪かった点

痛いのは痛いですが、前回のお産で1番苦しかった、いきみ逃しが無かったのでとても良かったです。

 

〇その他

無痛分娩をする前のイメージはなんとなくリスクがあるのかな?というイメージでしたが、ホームページの動画でリスクについての対応、予防をしっかりと知ることが出来たので、安心して選択することができました。出産はドキドキするし、不安にもなるけれど、無痛分娩に決めたことはお守りのような感じで、リラックスして臨むことができました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
普通分娩の半分以下の痛み

〇良かった点

陣痛の痛みを感じない時間があってとても楽になった。普通分娩の半分以下の痛みで産めたと思う。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
一気に痛みが楽になった

〇良かった点

一気に痛みが楽になったので赤ちゃんが出てくる時に余裕が持てた。

 

〇悪かった点

思っていたよりギリギリ(子宮口7㎝)まで陣痛に耐える時間あり、長かった。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
楽にお産を乗り切ることが出来ました

〇良かった点

今回は2人目の出産で希望しました。陣痛の痛みに耐えらないくらいの痛さの時に、麻酔を入れていただき、その後は呼吸を整えながらリラックスして陣痛を耐えることが出来ました。また、分娩の時も圧迫感はあるものの痛みはほとんどなかったためスムーズに力を入れることが出来ました。そのおかげか会陰切開や傷もなかったため、産後痛みもなく楽に過ごすことが出来ました。今回無痛分娩をして、痛みが全くないわけではありませんが、精神的にも体の面でも楽になりとてもよかったです。

 

〇悪かった点

悪かった点は無いですが、全く痛みを感じなくなるのではありませんでした。ただ、そのおかげでお産が進みやすかったのではないかと思います。

 

〇その他

今回はコロナのため立ち合いが全くできない中でのお産でした。とても不安で、出産が近づくと怖くなり、泣いてしまうこともありました。ただ、今回無痛分娩にしたことで、精神的にも楽な気持ちでお産に挑むことが出来ました。また、薬に頼るだけではなく、助産師さん、先生の声掛けのお陰で楽にお産を乗り切ることが出来ました。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
無駄に力みすぎず、疲労感がとても軽減された

〇良かった点

麻酔が効いているときは陣痛や内診の痛みをほとんど感じなかったので、陣痛に合わせてしっかり呼吸をすることや、お腹の赤ちゃんのことを考えながらお産を進めることが出来たので良かったです。無駄に力みすぎることも無かったので上の子の時と比べて疲労感もとても軽減されました。会陰が裂けなかったのもあり、産後の体もとても楽で回復が早く感じました。

 

〇悪かった点

副作用で体が震えましたが、震えそうなタイミングを事前に助産師さんに教えてもらえたので、不安感は無かったです。あとは予測していましたが、微弱陣痛になりました。いきむ時に丁度麻酔が切れていたのでその時はとても痛かったです。

 

〇その他

麻酔を投与するタイミングに迷うこともありましたが、先生や助産師さんが毎回アドバイスしてくださり判断することが出来ました。追加をお願いした際にはすぐに対応してもらえてうれしかったです。投与して効きはじめるまでの間は陣痛を感じていたのですが、助産師さんが付き添って腰をさすってくださり、ありがたかったです。一人目の時は途中で自然分娩から無痛分娩に変更したのでとても辛いお産だったのですが、今回は初めから無痛分娩で落ち着いてお産ができ、本当に良かったです。コロナ化で立ち合いや面会ができませんでしたが、陣痛中も家族と連絡をとる余裕がありました。無痛分娩を希望して本当に良かったと思いました。次もお産することがあれば無痛分娩を必ず希望します。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
無事に産まれたときは愛しさを強く感じました

〇良かった点

辛い陣痛の中、麻酔が効いている間は休憩できたので、呼吸を整えたり、かるく感じる陣痛の波に合わせて赤ちゃんに声をかけてあげることが出来た。痛みが薄れるので「今日がこの子がお腹にいる最後の日なんだ」と陣痛とお産の中、最後の時間を気持ちに余裕をもって過ごすことが出来た。これが一番嬉しかったです。

 

〇その他

出来るだけ薬の追加を我慢した方がお産の進みが早いと言われたので、麻酔が切れかかるまで耐える場面がありました。(スタッフの方々は何度も追加しなくて良いのか確認してくださいましたが、私がそうしたかったのでギリギリまで我慢しました。出産に痛みはつきものだと思っていましたし、自然分娩と比べると大分楽できていると思え、平気でした。)薬が効いている間、赤ちゃんは麻酔なしで狭い産道を頑張って降りてきていると思うと自分の子どもながら健気で、無事に産まれたときは愛しさを強く感じました。「お腹を痛めて産まないと母性が・・・」といった話も聞きますが、私は逆に頑張って出てきてくれた赤ちゃんをとても大事に感じました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
副作用は理解していたので大丈夫でした

〇良かった点

初めての妊娠、出産ということで全てが未知な分、とても不安な気持ちが大きくありました。特に出産は「とにかく痛い」とイメージしていたので恐怖心がずっと心の中にありましたが、無痛分娩という選択肢があることで、心に“お守り”のような、少しだけ自信につながる安心感をもって出産に臨むことが出来ました。これは気持ちの面に大きくプラスに働きかけてくれたと思っています。また、実際に無痛分娩の効果について、私の場合は麻酔を入れていただいたのが、お産がかなり進んだタイミング(子宮口全開)だったので辛い時間は長かったですが、麻酔を入れた後は痛みがそれまでよりかなり軽減されました。多分麻酔をしていなければそれまでの痛みよりもっと辛い痛みを感じていたと思います。あとは産後の処置の痛みがほとんど無かったのはとても良かったです!!悪かった点はとくにありません。慈恵病院の無痛分娩のホームページをよく読んでいたので、副作用で身体が冷える感覚があることや震える症状が出るのは理解していて、実際そのような症状が出ましたが、理解していたので大丈夫でした。麻酔を打つ流れの最中に陣痛が来たタイミングがかぶると動かないようにするのがとても大変ですが、全部ひっくるめてメリットが大きいと思いました。

 

〇その他

麻酔の準備に約一時間かかることは理解していましたが、私の場合は先生が他の方の処置に入っていらっしゃって、2時間待つことになりました。どうしても仕方のないことですが、待っている時間はとても痛くて辛かった・・・です。でも状況はその時々で色々あると思うので仕方がないと思っています(^_^)それに、その後先生も言ってくれましたが、その2時間のお陰でお産が進み、良いペースで産めたと思います。辛い時間に励ましてずっと支えてくだった助産師さんたちに心から感謝しています。先生も私の希望を汲み取ったお産を実現してくださり、本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
前回より全く痛くなかった

痛みが楽でリラックスしてお産ができた。産後の身体がとても楽だったので、赤ちゃんと過ごすことが出来た。今回は早い段階で麻酔をして、量も調整してもらえたので前回と全く痛みが違い、無痛分娩で良かったと思えた。

分娩回数4回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
生理痛くらいの痛みだった

〇良かった点
2人目までは自然分娩だったので、あの陣痛に痛みをまた経験するのか・・・と思うと無痛分娩でよかったと思います。ビックリするくらい、陣痛の軽減があり、本当に生理痛くらいの軽い痛みで、自然分娩の一番痛いであろう時も、無痛分娩にすることで余裕ができました。最後のいきみも、笑顔でゆっくりと赤ちゃんの誕生がみられて感動的でした。自然分娩の時は本当に余裕が無く、疲れ果てていましたが、無痛分娩だと身体の負担も無く、産後の回復が本当に早かったと思います。助産師さんの「痛みはどうですか?薬入れますか?」と声かけも助けになり、「強い薬に変えますね」という気遣いも嬉しかったです。もしもう一度出産をすることがあれば必ず無痛分娩を希望します。

〇その他
「絶対!無痛分娩!」を叶えていただきありがとうございました。そして、予定日通りの出産になり、嬉しかったです。助産師さんが薬を強いものに変える時や痛みが出てきた時に身体をさすってくださったり、アドバイスしていただき感謝しています。余裕があるときにいきむ練習をしていただいて良かったです。本当にありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
みんなにお勧めしたいです

〇良かった点

陣痛は激痛でしたが、麻酔が入ると本当に痛くなくなり、感激しました。

背中に打つ麻酔の注射も陣痛のせいか、全く痛くなく、効くまでに少し時間がかかりましたがリラックスできてとても良かったです。みんなにお勧めしたいです。

 

〇悪かった点

熱が出た。少しだるかったが激痛を乗り越えられたので、無痛にしてよかったです。麻酔が効きすぎて赤ちゃんが下りてこないということがあるので、普通分娩はとても痛いけど出産に時間がかかるよりはいいのかなと思いました。

 

〇その他

コロナのせいで1人での出産でしたが、先生や助産師さんやスタッフの皆さんが励ましてくれて、おしりを押してくれたり、本当に助かりました。心細さも無くなり、無事に出産出来て、感謝でいっぱいです。励ましが出産のいきみ力になりました。途中赤ちゃんが出てこられず、麻酔を止めましたが赤ちゃんの頑張りで帝王切開をしなくてよくなり、無痛分娩にして本当に良かったと思いました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
産後がとても楽!!回復が早い!!

〇良かった点

赤ちゃんが出てくる時の痛みがほとんどなく赤ちゃんが出てくる時、気持ち的に余裕があり、しっかり見ることが出来て嬉しかった。産後がとても楽!!回復が早い!!

 

〇悪かった点

どのくらいの痛みから麻酔を入れていいのか判断が難しかった。

 

〇その他

10年ぶりの出産で、体力が持つか不安でしたが、産後が本当に楽だったので無痛分娩を選択して良かったと思いました。赤ちゃんにもしっかり向きあえました。先生、助産師さん、他のスタッフの皆様のおかげでゆっくりと入院生活を送ることができました。ありがとうございました。

分娩回数4回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
パニックにならずにお産を乗り切ることができた

〇良かった点

薬が効いている間は、驚くほど陣痛の痛みを感じることなく、気が付いたら子宮口も9㎝に開いていて、あっという間の出産でした。陣痛が始まった時にどんどん痛みが強くなり、1人目を自然分娩で産んだ時の辛さが頭をよぎりましたが、今回は無痛分娩だったので、コロナ化で立ち合いがなくても、パニックにならずにお産を乗り切ることが出来ました。助産師さんの追加の薬や配慮も的確で、安心してお任せすることが出来ました。麻酔がきちんと効いているのか、先生が何度も調整してくださり、そのおかげでほとんど痛み無く楽にお産が出来ました。回復も1人目との時と比べ物にならない程とても早かったです。

 

〇悪かった点

下半身のしびれ感。感覚が無いので自然分娩のようなスッキリ感は感じなかった。

 

〇その他

1人目の自然分娩、陣痛を経験していたからこそ、点滴を依頼するタイミングや、この後の陣痛の痛みを予測して開始の判断ができたところもあるかと思います。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩ではあったものの、痛いことが多かった

〇良かった点

出産時の痛みが少なく、赤ちゃんに会える嬉しさだけで産まれてきた我が子と対面できたこと(上の2人の子どものときは、嬉しさもあったが、やっと終わったという気持ちが混ざっていたため)

 

〇悪かった点

計画無痛分娩だったので、仕方のないことではあるのですが、麻酔が入る前に破水などが行われたため、無痛分娩ではあったものの、痛いことが多かった。麻酔投入後10分くらいで効いてくると言われたが、効きが悪い部分があり、痛みが少なくなるまでに時間がかかってしまったのは少し残念でした。

 

〇その他

悪かった点があったのも事実ですが、こちらからの要望に合わせてそのまま出産に進めていただき、そのうちに麻酔の効果も出てきて、出産そのものは痛みも少なく時間的にも早く生まれてくれたことを嬉しく思います。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
担当医からのコメント 「年内に出産したい」という強いご希望で分娩誘発を行いましたが、陣痛促進剤の反応が悪く、可能な限りの方法でお産を促しましたがなかなか進みませんでした。このままだとご本人が希望する出産日に間に合いませんでした。内診時に破水し、その後は順調に進行しましたので、結果的にはご希望に添える形で出産されましたが、特殊なケースです。
恐怖感無く分娩が経過した

〇良かった点

陣痛の痛みがほぼ無く、産後の処置時の痛みも無いので恐怖感も無かった。赤ちゃんが誕生した瞬間、様々なことに思いを巡らすことができ、感動に浸ることができた。産後の回復が明らかに早く、人によると思うが裂傷も無かった。

 

〇悪かった点

本陣痛に至っていない時点でチューブを入れたので、その後背中に留置したままの入院生活が辛かった。食事がとれないのが辛い。

 

〇その他

導入のタイミングや、子宮口の開き確認のタイミング等、麻酔が効いているときに合わせて行っていただいたので、恐怖感無く分娩が経過した。促進剤を使いながらの分娩で麻酔を使うことで陣痛が弱まるのではないか?という不安で、最初は痛みを我慢していたが、助産師さんが状況を見てしっかりアドバイスをくれ「痛みはもうあまり我慢しなくて麻酔を使っても大丈夫ですよ」と言ってくれたのでとても安心できました。助産師さんの的確な判断、気遣いにとても助けられました。ありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自然分娩を選ばれる方は本当にすごい・・・

〇良かった点

陣痛の痛みが和らぐことがもちろん、これから出産する赤ちゃんに会えることへの気持ちがよりはっきりと感じられました。陣痛への不安や恐怖を感じずに過ごせたからだと思います。産後の処置も恐怖心がありませんでした。身体的なメリットもとても大きいですが、気持ちの面でも安心して過ごせたのはありがたかったです。

 

〇悪かった点

最初の麻酔が切れかかったときに非常に強い痛みがありました。子宮口の開き具合に合わせて追加されることで理解はしていましたが、急な痛みにくじけそうになりました。その後麻酔を追加してもらい、そこからは安心してリラックスした状態で臨めました。

 

〇その他

麻酔を入れる際にずきんと痛みましたが陣痛に比べたら余裕で我慢できました。麻酔が痛いと思われる方も多いと思いますが、違和感はあっても耐えられない程ではないと感じます。また、自然分娩を選ばれる方は本当にすごい・・・としか言えません。むしろそこまで痛い思いを選ぶ理由が分からない程、私は陣痛が耐えられず恐怖でした。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
ダブルカテーテル法を選択して本当に良かった

〇良かった点

出産時、痛みが1番強くなるところで、麻酔を入れて出産できることで出産前から、前向きな気持ちでお産に臨めた。実際に痛みが限界と感じる前に麻酔を入れてもらうことができ、出産のストレスが減った。会陰切開を行い、外陰部の縫合を行ったが、痛みを感じることが無く出産直後の痛みが軽減した状態で赤ちゃんに余裕をもって接することができた。

 

〇悪かった点

麻酔薬が冷えているためか寒気を感じ、出産後シバリング(震え)を起こしたので、寒気を感じたら寝具調節を頼めば良かったと感じた。出産後、麻酔が残っているため、足の感覚が鈍くなり、立ち上がり時ふらつきがあり、歩行も支えが必要な状態であったが、麻酔が切れると自然に元に戻った。

 

〇その他

硬膜外麻酔の管を挿入する際が痛いと周囲の話を聞いていたが、痛みを感じることなく行ってもらい、感謝しております。シングルカテーテル法が一般的に多く用いられているとネットに記載してあり、シングルカテーテル法を希望していたが、助産師さんより説明をしてもらい、ダブルカテーテル法に変更し、実際に体験してもダブルカテーテル法を選択して本当に良かったと感じた。初産婦で不安も大きかったため、立ち合い出産を希望していたが、コロナ禍の出産でできなかったが、出産の一番痛い時に麻酔を入れてもらえたため、直前まで家族と連絡を取りながら出産に臨むことができたのが良かった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
体力が持たなかった

〇良かった点

麻酔を使用したら嘘のように痛みが消え、楽になった。

 

〇悪かった点

麻酔が切れたとき、陣痛の痛みを強く感じる。分娩時間が長くなり、体力が持たなかった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
穏かに赤ちゃんを見守ることが出来た

〇良かった点

すぐに陣痛の痛みが引いて落ち着くことが出来ました。産んだ後もぐったりと疲れることなく穏かに赤ちゃんを見守ることが出来ました。

 

〇悪かった点

身体が震えましたが、しばらくすると止まりました。

 

〇その他

陣痛が来てから無痛分娩を希望しましたが、すぐに対応していただき本当にありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
感動しました

〇良かった点

私の場合、麻酔の効きがよく、ものすごく楽に産むことができました。合間にウトウトしたり、家族と連絡をとったりすることができ、赤ちゃんが出てくるところものんびり眺めていられるほどでした。こんなにも痛みが無く産めるなんて、感動しました。産後の処置も感覚がないまま終わったので良かったです。

 

〇悪かった点

麻酔チューブを入れる時痛かったのといきむのが難しかったくらいです。

 

〇その他

先生も助産師の皆さんもとても優しく、安心して出産できました。ありがとうございました。

 

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
もう無理!と思っていたけど・・・

〇良かった点

破水して赤ちゃんが少し降りてきて管を入れることができたのですが、そこまでもすごく痛くて、でも看護師さんに「まだまだ時間がかかります」と言われました。もう無理!と思っていたけど、麻酔を入れてからは本当に嘘みたいに楽になって、少し眠れました。無痛分娩希望で本当に良かったと思いました。

 

〇悪かった点

終わった後、管が入っていた場所が少し痛いぐらいで、特に悪かったところは無いです。

 

〇その他

スタッフの気遣い心遣いがとても嬉しかったです。1日目で身体がきつい時、赤ちゃんを預かってくれたので、とても助かりました。他の病院よりも用意するものが少なくて良かったです。院内がとてもきれいで気持ちよかったです。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自分のしたい体勢になれない

〇良かった点

一番痛いときに麻酔が効いていて良かった。

 

〇悪かった点

初産なのでしょうがない部分もあるが、ぎりぎりまで我慢してからの麻酔だったので、楽ではなかった。(それでも普通分娩よりは断然ましだと思う)いろんな管に繫がって、陣痛の時に自分のしたい体勢になれない。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
東京都内で無痛分娩を希望すると+5万~15万円かかります

〇良かった点

麻酔のお陰で陣痛の痛みが遠のき、1時間程うとうと眠れて、リラックス出来た。痛みに弱い私が2回も出産に挑めたのも、無痛分娩があるお陰だと思います。本当にありがたいです。一人目の時も、産後一か月後からスポーツもできるようになったのでいいことずくめでした。

 

〇悪かった点

今回、巨大児だったためか力む際、強めの薬でも痛みがかなりあり、その点が残念でした。

 

〇その他

東京住まいですが、都内で無痛分娩を希望すると+5万~15万円かかり、分娩費が60万円以上になる病院が少なくないので、慈恵病院は追加料金が無く、とてもありがたいです。主人が外国人で、海外では無痛分娩がもっと自由に選択でき、周囲も無痛分娩が多いのでもっと広まり、親しみやすいものになればいいのにと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
体中がずっとガタガタ震えていた

〇良かった点

夜中の陣痛の痛みが無くなるとほんの少しでも眠ることができる。いきむ時も痛みが少ないだけで全力が出せる。薬を足してもらったときの安心感で「頑張れる!」と思える。

 

〇悪かった点

一度でも麻酔をしてもらうと、切れたときの痛みが我慢できない。「これ以上するとお母さんの身体が危険だから我慢しましょう」と言われても、それでもいいから入れてほしいと思ってしまう。終わってから、あんなに麻酔をして大丈夫だったんだろうか、今後、身体に影響が出ないのだろうかと不安になった。

 

〇その他

効果が30分くらいで切れるので30分ごとに追加してほしくなってしまう。入れすぎるとよくないと分かっていても、我慢が出来なくなる。麻酔の使い過ぎでどういう影響が出るのかなども教えてほしい。麻酔が冷たいせいか、麻酔が投入されると身体が震えてびっくりした。歯がガチガチと鳴って、体中がずっとガタガタ震えていた。熱も急激に上がって苦しかったので、そういうことも教えていただけると嬉しい。

 

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
冷蔵庫に入った、冷たい麻酔薬を使いますので、麻酔薬注入30分間は、冷たさに神経が反応して体が震えることがあります。また、麻酔時間が長くなると(6時間以上)、熱が出ることがありますが、病的なものではございません。
麻酔が効いている間は呼吸を整えられ、体力的にも余裕ができた

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になって落ち着くことができた。生まれてくる赤ちゃんをしっかり見ることができた。

 

〇悪かった点

痛みが強いときは効果を感じることができなかったり、片側だけ痛みが取れないことがあった。いきむ前くらいに吐き気があった。

 

〇その他

麻酔チューブを挿入する前の局所麻酔を打つ流れで、周囲の人やSNSで局所麻酔が痛いと聞いていたが、全然痛くなく麻酔チューブも少し違和感がある程度で安心した。病院のホームページに書いてあったように、完全に痛みをなくすようなことはなかったですが、麻酔が効いている間は呼吸を整えられ、体力的にも余裕ができた。最後産む直前は激痛でしたが、ずっと麻酔なしで産むより痛みも軽減できていたと思う。助産師さんや看護師さんが痛いとき、様子を見に来てくださるときに優しく声をくださったり、腰や足をさすってくださったり、心強かったです。コロナ禍で立ち合い出産ができず、不安はありましたが、皆さんのおかげで無事に産むことができたと思います。本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
体を下にしている方が効きにくかった

〇良かった点

陣痛の痛みに耐えられなかったときに、休憩できた。分娩に集中できた。

 

〇悪かった点

いきみ方が難しかった。麻酔を入れているとき体を下にしている方が効きにくかった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
麻酔を希望するタイミングが難しかった

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になった。

 

〇悪かった点

麻酔を入れすぎると進みが遅くなるため、いつ麻酔を希望すれば良いかタイミングが難しかった。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
出産までに時間がかかったのが大変でした

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になりました。処置の時も麻酔をすぐ投与してもらえたので楽でした。

 

〇悪かった点

出産の時は麻酔が切れていたので痛かったです。私の場合は麻酔を追加すると陣痛がすぐ遠のいたので出産までに時間がかかったのが大変でしたが無痛分娩を選択してよかったと思っています。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
ゆっくり赤ちゃんが出てくるところを見ることができた

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になった分ため、気持ちに余裕ができ、初めてゆっくり赤ちゃんが出てくるところを見ることができた!!産んだ後もゆとりをもって過ごせた。

 

〇悪かった点

どのタイミングで麻酔を追加していいのか分からなかったのと、出産後に凄い寒気がした。

 

〇その他

初めての無痛分娩で色々な情報もある中、ぎりぎりまで不安もありましたが、信頼できる先生と助産師さんのおかげで落ち着いて出産することができました。ありがとうございました。出産するぎりぎりまで会話ができるという不思議な体験ができました!

 

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
体勢を変えるのが大変だった

〇良かった点

陣痛の痛みがとても楽になって、産後の疲労感や筋肉痛などもなく体がとても楽だった。そのおかげで精神的にも余裕が持てた。

〇悪かった点

下半身の感覚が麻痺して、足を自力で動かすことができず、体勢を変えるのが大変だった。麻酔の管がついているため、好きな体勢をとりづらい。

 

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
とても満足しています

〇良かった点

1人目の分娩の時は自然分娩で痛み、体力的にとても辛く、出産がトラウマになっていましたが、今回の2人目で無痛分娩の選択をして1人目よりも陣痛の痛みがとても楽なりました。生まれてくる赤ちゃんのことを考える余裕ができたのが良かったです。出産後の疲れも1人目の出産のときより無く、とても満足しています。

 

〇悪かった点

副作用等については理解していたため、特に悪かったと思う点はありませんでした。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
ダブルカテーテル法にとても恩恵を受けました

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になった。ダブルカテーテル方を使用していただいたのですが、陣痛を強く感じる箇所が変わるため効かせるべきところに効かせてくださったのがとても良かったです。高齢ということもあり、出産の体力があるのか不安が大きかったですが、麻酔の効いている時間を有効的に活用し“自分の体力”と“元気な赤ちゃんを産むぞ!”という気持ちを合わせて陣痛に挑むことができました。赤ちゃんが産まれる直前、麻酔を最大限に効かせていただきましたが、そのおかげで最後しっかりいきむことができました。

 

〇悪かった点

副作用かはわかりませんが、出産後に頭痛があったことと指とふくらはぎが浮腫んだことです。

 

〇その他

今回出産するにあたり熊本県内で無痛分娩のできる産院を調べました。無痛分娩の有無と高齢出産のため、何かトラブルが起きた際に対処いただけるかという点で探し、素人目線で慈恵病院に決めさせていただきました。診察の際、先生から説明があり、シングルカテーテル法とダブルカテーテル法があると伺いました。ダブルカテーテル法は他の病院では少数なのに対し」慈恵病院ではほとんどの方が実施されていると伺いました。私はダブルカテーテル法にとても恩恵を受けましたので、これから出産を迎え、不安を抱える妊婦さんの1人でも多くの方へ慈恵病院の無痛分娩を知っていただきたいと強く感じました。もし私に第2子を授かることができるなら、またお世話になりたいと思います。蓮田先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
アンケートのコメントで頭痛と伺いましたので、カルテの記載確認や担当職員への聞き取りを行いました。いずれも頭痛の症状をお伺いしていなかったようで、分娩直後に一時的に発生した症状かもしれませんが、原因ははっきりしない状況です。浮腫みにつきましては、麻酔の副作用ではなく、妊婦さんや出産直後の方に一時的にみられる現象です。
あのまま痛みが続いていたら・・・と思うと耐えられませんでした

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になり、麻酔後50分程眠れました。あのまま痛みが続いていたら・・・と思うと耐えられませんでした。また、初めてのお産という事で、出産までの日々も恐怖や痛みへの不安がなく、落ち着いた気持ちで臨むことができたように思います。

 

〇悪かった点

お産が進むにつれて痛みが充分に取れなかった部分もあり、一定部分ではあり無が痛みが軽くならず、きつかったです。しかしその他の部分は痛みが和らいでいたので何とか最後まで頑張って出産することができました。

 

〇その他

どのスタッフの皆さんも優しく丁寧で、陣痛で苦しんでいた時に背中をさすってくださり、温かいタオルを当ててくださいました。とても嬉しく、そばに居てくださり心強かったです。本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
お産を楽しむことができた

〇良かった点

1人目の時の陣痛が怖い記憶で、不安でしたが麻酔を使うことでとても楽にお産を楽しむことができました。特に最後産まれたときや、直後の抱っこを余裕をもってできたのが嬉しかったです。

 

〇悪かった点

麻酔が切れたときの痛みが何倍にも感じたのと、後陣痛が辛かったです。

 

〇その他

1人目は自然分娩で2人目で無痛分娩を選択しましたが、分娩中も分娩後も無痛分娩の方がとても楽でいた。(2人目だったということもあったと思いますが)

お産=痛いもの、恐ろしいものという不安はありましたが、そのイメージを崩してくれたので、無痛分娩ならもう一人産んでもいいかなと思えるほどでした。時間は長くかかってしまいましたが、大変楽しいお産が出来ました。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自然分娩で良かったと思いました

初めての出産での痛みから今回は無痛分娩を希望しました。しかし子宮口の開きや陣痛が来ても短かったり、弱かったりした為、助産師さんから無痛分娩より自然分娩の方がお産の進みが早いのではないかとアドバイスをいただいたので、不安ではありましたが自然分娩に変えました。出産間近になると強烈な痛みで“耐えられない”と思い、やっぱり無痛分娩が良かったと少し思いましたが、どんどんお産に向けて進みあっという間だったので、今思えば助産師さんの助言通り自然分娩で良かったと思いました。無痛分娩だと産後の回復が早いと聞いていましたが自然でも分娩時間がそこまで長くなかったのでご飯も食べられ、授乳も問題なく開始できたので良かったのです

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数0回目
ほとんど痛みを感じなかった

〇良かった点

麻酔が切れるタイミングでは痛かったが、麻酔が効いている間は痛みを感じなかった。痛みで汗が出るようなことはなかったし、陣痛中、分娩中もほとんど痛みは感じなかった。

 

〇悪かった点

左右どちらかのみが効くことがあった。麻酔が切れた10分くらい?は痛かった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
本当に無痛で産むことができた

〇良かった点
陣痛の痛みが想像していたよりも楽になった。コロナ禍で立ち合い禁止での出産のため、不安もかなりあったが、先生や助産師さんが優しく麻酔を入れるタイミングなどアドバイスしてくださり安心して産むことができた。赤ちゃんが出てくるタイミングで丁度麻酔が効いており、本当に無痛で産むことができました。

〇悪かった点
左右で麻酔の効き方が違い、痛みにも差がでた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
「休憩」が無かったらと思うと恐ろしい

入院中もスタッフの皆様に大変よくしていただきました。出産は想像を超える体験でしたが、私は無痛分娩を選んで本当に良かったと思います。麻酔が効いている「休憩」が無かったと思うと恐ろしいです。無事に取り上げていただき本当にありがとうござました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
1人目を無痛分娩、2人目を自然分娩で出産したお母さんにお話を聞きました!

Q:なぜ2回目のお産で自然分娩を選択されたのですか

A:私の友人は1人も無痛分娩を体験しておらず、むしろ無痛分娩自体を知らない人が多かったです。1人目は痛みに耐えられず無痛にしましたが、よくよく考えてみると、私と同世代の人たちが自然分娩に耐えられているから、私も耐えられるのではないかと思ったので今回は自然分娩を選びました。

 

Q:赤ちゃんが生まれる何分前もしくは何時間前までは自然分娩でも大丈夫と感じていましたか

A:数時間前までは「私は頑張れる!」と思っていましたが、産まれるまでの30分間「無痛にすればよかった!」と本当に思いました。今更もうできないと思っていたので言わずに耐えましたが、先生が分娩室に入ってきた瞬間に「無痛にしてください!」と叫んでいました。それからも痛くて、時間が長く感じましたが、すぐに産まれてくれたので我慢することができました。

 

Q:お産が終わって数日経過しましたが、現時点でのお気持ちをお聞かせください

A:主人は「無痛分娩という方法があるから冷や汗をかいて痛がらなくてもよかったのに。次は無痛分娩にしなさい」と言っていましたし、私自身も「次は絶対に無痛にする!」と決めたので3人目は無痛分娩を希望したいです。第1子が3歳でせっかくの機会だから立ち会わせたかったのですが、あまりにも私が痛がっているものだから私の母が「パニックになるかもしれないから見せないほうがいい」と判断したそうです。そんな時に無痛分娩を選んでいれば、私自身も余裕がうまれ、子どもにもみせられたと思います。自然分娩の魅力はないです。痛いだけだし、私みたいな痛みに弱い人には不向きだと思います。

 

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
出産の良い部分をしっかりと感じながらお産が出来た

〇良かった点

出産時の痛みが楽になり、先生や助産師さん達の声かけを落ち着いて聞くことができた。赤ちゃんが出てこようとする感覚はあるため、声かけにあわせていきみ、スムーズに晩出できた。落ち着いていきめたためか会陰の傷も少なく、産後の体も1人目(自然分娩)とは比べものにはならないほど楽だった。

 

〇悪かった点

分娩の進みが早く無痛分娩になるまでにほぼ子宮口全開になったので早めに受診すれば良かったかなと思いました。

 

〇その他

先生や助産師さんが常に優しく声掛けをしてくださり、気持ちが落ち着いた状態で出産することができました。赤ちゃんが出てくる瞬間に痛みが無かったことで一緒に頑張ったわがことの一体感や感動等、出産の良い部分をしっかりと感じながらお産が出来て良かったです。次もまた慈恵病院で産みたいです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
膣とお尻に痛みを感じることがほぼ無かった

〇良かった点

投与前に陣痛が始まったが、幸いにも「そろそろ我慢が難しい!」というタイミングで麻酔を投与してもらうことができ、投与されたら痛みがスッと引いた。一番驚いたことは、いきむ際に、膣とお尻に痛みを感じることがほぼ無かったこと。2人目の出産ということもあると思うが、いきみたいという感覚すら来なかった。いきむタイミングは助産師さんが上手に教えてくれてスムーズに産むことができた。

 

〇悪かった点

無痛分娩と聞くとどうしても痛みが無いと思ってしまうが、麻酔が切れるタイミングやお産の進み具合により、痛いときは痛い。麻酔を追加してもらうタイミングがなかなか分からず、最初の目安は1時間との事だったので律儀に1時間目安での追加をお願いしていたが、あくまで目安で人により麻酔が切れる時間は多少異なるため、痛みを感じたタイミングで大丈夫との事だった。

 

〇その他

今回、促進剤を使った計画無痛分娩だったので、最悪の場合産まれてこず、一時退院も覚悟していたが、幸いスムーズにお産が進み計画予定日に出産することができた。一人目出産したときは自然分娩で今回初めて無痛分娩をしたが、痛みのレベル、感じる時間がかなり緩和されたため、もしもう一度出産する機会があったら、必ず無痛分娩を選択する。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
出産を前向きに考えることができるようになった

〇良かった点

前駆陣痛、本陣痛で眠れず体力が残っていない中で、気持ち、体力ともに余裕をもって分娩に臨めた。出産への恐怖心が一気になくなって出産を前向きに考えることができるようになった。

 

〇その他

陣痛室のベッド近くに荷物を置くテーブル等があったらいいのにと思った。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
リラックスしてお産に臨むことができました

〇良かった点

陣痛の痛みが楽で、産後の回復が早かった。やはりこの2つがとても大きかったです。痛みに対してとても恐怖心がありましたが「麻酔で痛みを和らげたり、減らしたりできる」というだけで安心し、リラックスしてお産に臨むことができました。また、いよいよ赤ちゃんが出る!というところで痛みを全く感じず、赤ちゃんがドゥルン(この感覚はあります)と出てくるところを落ち着いて見ていられたのも良かったです。

 

〇悪かった点

1回目も2回目も吐き気が終盤に来ましたが特に悪かったとは思えませんでした。

 

〇その他

経産婦ということで、麻酔も強いものも使っていただけて、今回の方が少し楽だったかなと思います。友達に無痛分娩の話をすると決まって「無痛でも痛い時間があるんだー」と言われます。私も特に一回目はどこまで痛みを我慢し、いつごろ麻酔を頼んでいいのか分からなかったので、事前にもう少し説明だったりすでに経験されている方の麻酔を打った回数やタイミングなど何例か教えていただけるとイメージができて安心できたかなと思います。もちろん人によって回数や量が違うのはわかっているのですが、何となく見通しがほしいなと思いました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
8年ぶりの出産なのに産後すぐの体も格段に楽です

〇良かった点

陣痛の痛みが楽なり、リラックスでお産することができた。生まれる瞬間をしっかり目に焼き付けられた。産後の体の痛みが少なく感じる。パニックにならなかった。

 

〇悪かった点

震えや痺れがありますが、起こりうることを事前に説明いただいたり、動画を見たので不安はありませんでした。メリットの方が大きいので悪かった点というよりは、全く「無痛」ではないことを理解していれば、悪い点はないのかもしれません。

 

〇その他

上の子2人は20時間近くかかり、精神も体力も限界まで奪われ、本当に辛いお産と産後でした。今回無痛分娩にして本当に本当に良かったです。もちろん、多少の痛みはありますが、とても幸せを感じられるお産となりました。8年ぶりの出産なのに産後すぐの体も格段に楽です。リスクや副作用についても詳しく説明いただいたので、安心してお産できました。私のようにお産が長く、恐怖心がある方は絶対にお勧めしたいです。たくさんのスタッフの方のお陰で無事出産出来て幸せです。ありがとうございました!

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目