慈恵病院 無痛分娩

体験談コメント
リラックスしてお産に臨むことができました

〇良かった点

陣痛の痛みが楽で、産後の回復が早かった。やはりこの2つがとても大きかったです。痛みに対してとても恐怖心がありましたが「麻酔で痛みを和らげたり、減らしたりできる」というだけで安心し、リラックスしてお産に臨むことができました。また、いよいよ赤ちゃんが出る!というところで痛みを全く感じず、赤ちゃんがドゥルン(この感覚はあります)と出てくるところを落ち着いて見ていられたのも良かったです。

 

〇悪かった点

1回目も2回目も吐き気が終盤に来ましたが特に悪かったとは思えませんでした。

 

〇その他

経産婦ということで、麻酔も強いものも使っていただけて、今回の方が少し楽だったかなと思います。友達に無痛分娩の話をすると決まって「無痛でも痛い時間があるんだー」と言われます。私も特に一回目はどこまで痛みを我慢し、いつごろ麻酔を頼んでいいのか分からなかったので、事前にもう少し説明だったりすでに経験されている方の麻酔を打った回数やタイミングなど何例か教えていただけるとイメージができて安心できたかなと思います。もちろん人によって回数や量が違うのはわかっているのですが、何となく見通しがほしいなと思いました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
とてもバランスの良いお産が出来た

〇良かった点

出産への恐怖があったため、1人目(他院)2人目ともに無痛分娩を選択しました。今回はコロナ渦での出産で家族の立ち会いができない中、陣痛の痛みが軽減されたことで子宮口が開くまでは自分の好きな読書をして過ごすことができ、出産のストレスもありませんでした。パニックにならずいきむことができ、赤ちゃんの顔が出てきたときは本当に嬉しかったです。

 

〇悪かった点

産後、尿が出にくくなる副作用がありました。また、麻酔を使うことで1人目の時も2人目の時もお産時間がやや長めであったと思います。身体を動かし辛く不便に感じたこともありましたが1人目を他院で出産した際はほぼ痛みを感じなかったものの上記の副作用が強かったことと、今回はいきむタイミングが分かりつつ、痛みも我慢できる程度に抑えられており副作用も少なかったのでとても満足しています。

 

〇その他

こちらではカテーテルをシングルかダブルと選択できたので最後まで悩んでいましたが、主治医の先生も丁寧に説明してくれ、最終的に納得のいくお産が出来ました。無痛分娩は2回目でしたので「前回はこうだったのでこうしたいです」というお話をできたのも良かったです。助産師の方々も無痛分娩に慣れているようで安心感がありました。麻酔を入れる前、6時間は絶食ということで1日何も食べられず、空腹で何度か嘔吐してしまったのですが、事前に絶食のタイミングなど知れたら自宅を出る前に少し食べられたのかなと考えてしまいました。前回のお産で感じたことをお伝えしていたためか、とてもバランスの良いお産が出来たと思います。副作用も少なく、満足できました。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
赤ちゃんがスルスル出てきたのでびっくりしました

陣痛の痛みが強くなってきたところで麻酔を入れてもらいました。麻酔が効いている時間で身体を少し休ませ、次の陣痛がきたら頑張ろうと心を落ち着かせることができました。しかし麻酔が切れてしまうと陣痛の痛みに耐えられず、結局また入れてもらいました。麻酔が効いているときに最後のいきみをしましたがさほど痛みがなく、赤ちゃんがスルスル出てきたのでびっくりしました。最高の出産だったなと思いました!産後の回復も早かったと思います!

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
吸引での出産となりましたが、私はそれでも無痛分娩にしてもらって本当に良かったと思っています

〇良かった点
今回2人目の出産で陣痛が来てからは約3時間、病院についてからは約30分でのスピード出産でした。病院に着くころには陣痛がピークで本当にあっという間にお産が進んで、こんな急激に痛みが来ると思っておらず、パニック状態になりました。もうこのまま産むことになるのかと思う程でしたが、分娩室に着いてから無痛分娩の準備をすぐしてくださり、早急に麻酔効果が表れる麻酔薬を入れてもらい嘘みたいに一瞬にして陣痛の痛みが消えて楽になりました。すぐにでも麻酔を打ってほしかったので本当にすぐ痛みが無くなって良かったです。
 
〇悪かった点
1人目も無痛分娩でしたが、麻酔が効いているとき“いきみたい感じ”がよくわかりませんでした。しかし今回は急激にお産が進んだため陣痛のピークまで体験し、もうすぐまで来ているような強い陣痛の時に踏ん張ったら産まれるようないきみたい感じが分かりました。麻酔を打ってもらったら楽になったのは良かったけど、いきみたい感じがさっきまでは出ていたのに全く分からなくなりうまく踏ん張れませんでした。1人目と同じく吸引での出産となりましたが、私はそれでも無痛分娩にしてもらって本当に良かったと思っています。
 
〇その他
陣痛が来てから病院へ電話をした時の対応からとても親切にしていただき、分娩室についてからも早急に準備をしていただいたり希望の無痛分娩もできたので本当に良かったです。出産してからもきれいな病室、美味しいごはん、看護師さんたち、清掃スタッフの方々のおかげでとても快適に過ごすことができました。コロナで面会が出来なくてもとても満足しました。今回が恐らく最後の出産になるので2人ともこの慈恵病院で産めて本当に良かったと思っています。先生方、スタッフの皆様本当にありがとうございました。お世話になりました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
病院より
病院に到着なさった時にはすでに陣痛が強く、歩けない状態でしたので、車いすで分娩室まで移動していただきました。子宮口は全部開いていて、お産間近でしたが、パニック状態になられ「早く麻酔をしてほしい」とおっしゃいましたので、脊椎麻酔を使用しました。ただ、赤ちゃんの心拍パターンがへその緒を圧迫しているような所見でしたので、速やかな出産が必要と判断し、吸引分娩を行いました。幸い、赤ちゃんは元気そうに産まれてくれました。お産の進行が急速で、硬膜外麻酔が間に合わない時には脊椎麻酔による無痛分娩を行います。この麻酔は急速に、かつ、強い麻酔効果がございますので、あっという間に陣痛が無くなってしまいます。いきみたい感じが無くなってしまうのが難点です。当院で脊椎麻酔による無痛分娩は年間、数件もありません。
4回目の出産なのに計画分娩が上手くいかなかった

子どもの春休み期間、夫の仕事の都合で計画出産にしました。前回3人目のお産がスムーズだったこともあり、4人目もスムーズにお産が進むだろうと思っていました。入院した日にチューブを入れ、促進剤の点滴、バルーンを入れました。子宮口5㎝まで開き、バルーンも外れましたが、赤ちゃんがなかなか降りてこず、微弱陣痛のまま朝を迎えました。朝から麻酔をやめ、促進剤のみし、夕方に強い陣痛がきて無事に出産できました。”4人目だからスムーズにお産が進む”と勝手に思い込んでしまった自分がいました。子育てと同じで1人1人お産が違うということを皆様にもお伝えしたいです。
 
〇良かった点
今回2日間かかったお産ですが、翌日から回復が早くて自分でもびっくりしました。陣痛の痛みが少しでもとれるのは本当に良かったです。いきむときも痛みが取れましたので助かりました。
 
〇悪かった点
2カ所チューブを入れてもらいましたが、腰の部分に入れたときが痛かったです。子宮口が8㎝から麻酔を入れてもらい、お産が進むのが早く9~10㎝の頃には激痛になりました。私の場合は痛みが十分に取れず、追加してもらいましたが、麻酔が効くまでに10分程かかるのでその間とても痛かったです。もっと早く追加してもらえばよかったです。
 
出産までの2日間体力的精神的にきつかった部分もありましたが(コロナのため家族とも離れたのもありまして)助産師さん達には入院した日から産まれるまで、優しくサポートしていただき、本当にお世話になりました。お産が進まないときに優しい言葉や前向きな言葉をかけてくださり、質問にその都度優しく丁寧に答えてくださり一緒に考えて、親身になっていただいたお陰でお産を頑張ることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

分娩回数4回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
足の感覚が全くなく、怖くなった

今回、慈恵病院での無痛分娩を初めて経験し、ほかの産院で経験した無痛分娩と異なる点が多くありとても怖かった。背中の注射がすごく痛かったし、足の感覚が全くなく、怖くなった。しかし分娩の痛みを考えると痛みが無く出産できたのは本当に良かった。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
病院より
仮に麻酔薬の量を多くすれば、足の間隔が無くなったり痺れが強くなります。ある程度の陣痛の痛みを許容される場合は、麻酔薬の量を少なくすることで足の感覚を通常に近くすることができます。ただ、同時に陣痛の痛みを感じることにもなりますので、ご本人様のご希望によって麻酔薬の量が変わってきます。
自分にとって、とっても良いお産

〇良かった点
陣痛の痛みが楽になり、気持ちに余裕が持てた。陣痛の痛みに耐えられないときの為のお守りみたいに思えた。会陰切開した場合の痛みを想像すると怖かったので、結果切開しなくてよかったが、痛みもなく疲労感も感じず、赤ちゃんと対面できたのが良かった。
 
〇悪かった点
麻酔の針を刺した場所が痛かった。
 
〇その他
1回目の無痛分娩の時は、あまり最初から麻酔を入れてしまうとお産が長引くと言われて、陣痛促進剤を打っていきなり陣痛だったのを必死に耐えた。なんでもっと早くに麻酔をお願いしなかったのだろうと後悔していた・・・。2回目も陣痛促進剤からのスタートだったが、痛みが来たら早めに麻酔をお願いできたので1回目の時とは比べ物にならないくらい陣痛が楽になった。また、会陰切開はしたくないことを助産師さん、先生が聞き入れてくれ、希望がかなったこともとても感謝しています。痛みは完全になくなりはしないが、自分にとってとってもいいお産が出来て満足しているし、皆様のお力添えのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
出産一時金内で選択できて魅力的

〇良かった点
痛みに強い恐怖心があるので無痛分娩という選択肢があるのが良かった。
前回は他院で麻酔チューブ一カ所の分娩で、会陰の縫合時に痛みを感じたが、今回はダブルチューブで二カ所に麻酔をしたためか、そういった痛みを感じることもなく、大変満足感があった。
 
〇悪かった点
麻酔が効いてくると、足がムズムズして少し気持ちが悪かった。
 
〇その他
お産がとっても楽になるので、もし次があるならまた無痛分娩で産みたい。産んでからの方がとても大変なの、で、少しでも体力を温存したいと考える人にはとてもおすすめ。
出産一時金内で、無痛分娩が選択できて、お部屋も全部個室というのもとても魅力的。全国的にも慈恵病院だけなのでは?

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
先生のアドバイスと無痛分娩に救われました

今回は2人目の出産となりますが、1人目を無痛分娩で出産しているため今回も迷わず無痛分娩を選択しました。38週目の検診時、すでに1人目の体重を超えていることが判明し、無痛分娩とはいえ1人目よりも2人目が大きい経産婦でも、出産に時間がかかるとの先生のアドバイスから卵膜剥離を施術していただきました。そのおかげでその日の夜には陣痛が始まり、翌日午後には無事に出産できたのですが、私の「経産婦だからすぐに出産できるだろう」との予想に反してなかなか赤ちゃんが出てきてくれませんでした。やはり無痛分娩だと時間がかかるのかと思っていたところ、やっと顔を出してくれた赤ちゃんは仰向けでした。仰向けで出てくる赤ちゃんを回旋異常だということを後程知ったのですが、そのことにより分娩にかかった長い時間の陣痛を苦しみながらずっと耐えていかなければならなかったのかと思うと、無痛分娩の良さを改めて実感することができました。今回の分娩では38週目にして3000g越えの胎児に対する先生のアドバイスと無痛分娩という技術に救われた分娩でした。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
無痛分娩に出会えたからこそ3人目まで産めた気がします

〇良かった点
身体を休める時間ができる。
気持ちの面で安心し、支えになる。
 
〇悪かった点
前回までは発熱しなかったが、今回は発熱してしまった。自覚症状はなかったが、赤ちゃんに負担をかけてしまったのではないかと少し不安になった。
足の感覚がなくなるので、動きたくても動けないのは辛い。腰やお尻が痛いときに足を曲げたくなったが、曲げることが困難で、夫に支えてもらいました。ただそのことを伝える余裕があるのは無痛分娩だからこそであり、悪いことだけではないと思います。
 
〇その他
3人目の出産で不安が強かったのですが、無痛分娩にしている分、安心感もありました。背中に針を入れられるとき、見えないので不安もありますが、妊婦検診で先生を信頼しているからこそ任せられた気がします。私の場合、慈恵病院まで通うのに1時間かかるところに家があります。実家から通っても40分はかかる距離です。もちろん慈恵病院より近いところにも何件も産婦人科はあります。最初、産院を考えたとき、持病に腰部椎間板ヘルニアがあるので、ある程度大きな病院がいいなくらいにしか考えていませんでした。(今は赤ちゃんポストでよく聞いていますが、今から6年前は私自身もあまり関心もなければ何も考えてなく、慈恵病院を知りませんでした。)姉が慈恵病院で、自然分娩から帝王切開になり、その分娩に同席(外で待っていた)した際の助産師さんの対応等、病院をしり、それから慈恵病院を選びました。1人目自然分娩から無痛分娩に急遽変えてくれた先生にとても感謝しています。無痛分娩に出会えたことで3人目まで産めた気がします。ありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
病院より
【発熱について】 無痛分娩を開始して時間が経過(特に6時間以上)すると38℃以上の熱が出ることがあります。無痛分娩を受ける妊婦さんの約20%に認められます。原因は未だに不明ですが、少なくとも感染による発熱ではありません。この現象は直接赤ちゃんに悪影響を与えるものではありませんが、熱を下げるために解熱剤を使用したり点滴を追加することがあります。   【足のしびれについて】 麻酔薬の量が多くなると、足のしびれが強くなり、足が動かしにくくなります。 これらの不快感がないようにするには麻酔薬の量を少なめにした方が良いのですが、分娩も最後に近づくと、痛みがより強くなり、それに対応するために麻酔量も増えてしまいますので、足のしびれや動かしにくさが付いてきます。
体の震えが・・・

〇良かった点
経産婦だったこともあり子宮口全開になるまでの時間が短く、麻酔で痛みを軽減できたこと。お産になるまでの時間は長くなったが、体力の限界が来た時に麻酔で少しの間休めたこと。
 
〇悪かった点
体の震え、足のしびれなど無痛分娩の副作用と思える症状が出たこと。
横を向いていると上になった方の麻酔が効きづらく、片方だけ痛みが取れないことがあった。麻酔が切れて、次の麻酔が足されるまで、痛みが強い時間帯があった。
 
〇その他
麻酔が切れてから次の麻酔が効いてくるまでの時間がもっと短いといいなと思った。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
病院より
体が震えるのは、麻酔チューブに注入した冷たい麻酔薬に脊髄の温度センサーが反応して起きる現象です。体は体温が下がったと勘違いして熱を産生させようとし、体を震えさせます。しかし、この反応は次第に落ち着き、30分以内に体の震えもなくなります。
麻酔のタイミングの難しさ

麻酔をするとお産までの時間が長引くので、今回麻酔が切れてからすぐに追加せず、2時間ほど耐えました。次の痛みが来て麻酔を入れると効くまでに10~15分かかるのでその時間が辛かったです。
効くまでの時間がもう少し早く、5分程度であればより良かったと思います。全体的には大変満足しています。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
前回よりも穏やかな出産に

前回は、お産の進みが遅く、麻酔を弱めることになったので、無痛の恩恵をあまり受けることができませんでした。
今回は、病院到着時点で子宮口も6~7センチ開いていて、陣痛も強かったので、すぐ無痛の麻酔の準備をしてもらい、そこから1時間くらいで麻酔が効きはじめ、みるみる陣痛の痛みが引き、そのまま大きな痛みを感じることなく出産できました、主人や助産師さんと雑談したりもしながらで、前回と比べものにならない穏やかな出産でした。
翌日以降の全身筋肉痛という感じもなく、産後の回復も早かったです。
麻酔の処置をして去りゆく先生の後ろ姿が神様のように見えました(^^)ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目