慈恵病院 無痛分娩

体験談コメント
自然分娩は痛かったが、早く生まれた

1人目のお産は無痛分娩だったが子宮口が7㎝開いた段階でお産の進行が滞ってしまったので麻酔薬の追加が十分できなかった。結局2日がかりで赤ちゃんが生まれた。

今回はお昼の2時半頃から陣痛が始まったが、まだ不規則な陣痛だったので今のうちにと思って上の子をお風呂に入れていた。その間に陣痛が強くなって病院に向かおうと思ったが、送ってくれる人がすぐに来てもらえず、結局病院についたのが夕方5時10分だった。入院の時点で子宮口が8㎝開いているといわれたので、早く産むことを優先して無痛分娩を受けなかった。結局病院についてから40分後に赤ちゃんが生まれた。今回は痛かったけど赤ちゃんが早く生まれたし、夫にもお産の前後で面会できてよかった。もし3人目を産むことになったら・・・今回のようにお産の進行が早かったら自然分娩でいきたいと思うが、お産の時の余裕や安心感のことを考えると無痛分娩をしたい気持ちもある。どちらかというと3人目の知己は無痛分娩をしたい気持ちのほうが強いかも。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
麻酔の効き目に左右差

〇良かった点

陣痛の痛みが強くなってきても麻酔を追加すればいいと思うと少し気が楽になり、少しでもお産を進めていくために痛みに耐えることができた。自然分娩の痛みと無痛分娩による疼痛の緩和の両方を経験できてよかった。産後の回復が早くなった。

 

〇悪かった点

予想以上に麻酔による震えがあり不安になった。麻酔の効きに左右差があり、それに気づくまで痛みが十分に取れない時間があった。麻酔薬を注入するときの体位が影響だったようで(妊娠中から楽な姿勢だった左側臥位で分娩中もいることが多かった)右側の痛みが毎回残った。陣痛が強く左右差に自分では気付かず、助産師の方で一人左右差が無いか確認してくださった方がいて、その時初めて気付いた。私のような例は稀との事だったが早く気づけていればと思った。

 

〇その他

当日の状況やマンパワーの問題で仕方のないことであり、どのスタッフも呼び出しに対して丁寧に対応していただけたが、コロナの影響で付き添いがだれもおらず、助産師の方々も忙しそうで一人で痛みに耐えるのは想像以上に辛かった。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
メリハリのついた出産だった

麻酔が効いているときは痛みが和らいで、我慢できる程度の痛みだったが、麻酔が切れると激痛だったので、自然分娩にしていたら痛みに耐えられなかったと思う。無痛分娩にして良かったと思っている。麻酔が切れても助産師さんがアドバイスをくれたり、励ましてくれるので頑張って乗り切ることができました。“頑張るときは頑張る”“少し休憩できるときは休む(麻酔が効いているとき)”

とメリハリのついた出産だったと思います。また赤ちゃんを授かることができたら、絶対に無痛分娩にすると思います。大変お世話になりました。ありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自分にとって、とっても良いお産

〇良かった点

陣痛の痛みが楽になり、気持ちに余裕が持てた。陣痛の痛みに耐えられないときの為のお守りみたいに思えた。会陰切開した場合の痛みを想像すると怖かったので、結果切開しなくてよかったが、痛みもなく疲労感も感じず、赤ちゃんと対面できたのが良かった。

 

〇悪かった点

麻酔の針を刺が痛かった。

 

〇その他

1回目の無痛分娩の時は、あまり最初から麻酔を入れてしまうとお産が長引くと言われて、陣痛促進剤を打っていきなり陣痛だったのを必死に耐えた。なんでもっと早くに麻酔をお願いしなかったのだろうと後悔していた・・・。2回目も陣痛促進剤からのスタートだったが、痛みが来たら早めに麻酔をお願いできたので1回目の時とは比べ物にならないくらい陣痛が楽になった。また、会陰切開はしたくないことを助産師さん、先生が聞き入れてくれ、希望がかなったこともとても感謝しています。痛みは完全になくなりはしないが、自分にとってとってもいいお産が出来て満足しているし、皆様のお力添えのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
出産一時金内で選択できて魅力的

〇良かった点

痛みに強い恐怖心があるので無痛分娩という選択肢があるのが良かった。

前回は他院で麻酔チューブ一カ所の分娩で、会陰の縫合時に痛みを感じたが、今回はダブルチューブで二カ所に麻酔をしたためか、そういった痛みを感じることもなく、大変満足感があった。

 

〇悪かった点

麻酔が効いてくると、足がムズムズして少し気持ちが悪かった。

 

〇その他

お産がとっても楽になるので、もし次があるならまた無痛分娩で産みたい。産んでからの方がとても大変なの、で、少しでも体力を温存したいと考える人にはとてもおすすめ。

出産一時金内で、無痛分娩が選択できて、お部屋も全部個室というのもとても魅力的。全国的にも慈恵病院だけなのでは?

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
チューブを入れるときの感じが予想以上に不快でした

チューブを入れるときの感じが予想以上に不快でした…(すみません)私がこれくらいの痛みで言ってもいいのかな?と迷っているうちに痛みが強くなってしまったので、少し痛いかも・・・と思った時に伝えるべきだと思いました。でも一番ネックだった、頭が挟まっているときの痛みには間に合ったので良かったです。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
全く陣痛を感じなかった

〇良かった点

麻酔が効いている間は全く陣痛を感じなかった。体の強張りも少なく、体力を温存してお産できた。カテーテルを入れる時も違和感が少なくて、当初思っていた負担よりずいぶん楽でした。

 

〇悪かった点

いきむのが難しかったように思います。

 

〇その他

上の子がいるため、回復が早い無痛分娩を希望しました。私は経産婦なのに、陣痛の感覚が10分程になってから来院したため、無痛分娩の処置をしていただくまでに結構陣痛の間隔が短くなってしまいました。無痛分娩はタイミングが大事だなと思いました。もし次に出産することがあれば、また無痛分娩でお願いしたいと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
「我慢しなくていいですよ」の一言で…

今回初めての分娩方法を選びましたが、満足しています。旦那さんの仕事の都合と上の子たちのことを考え、計画分娩を希望しましたが、こちらの決めた日程で進めてくださり、経産婦なのもあったからか希望日に出産できました。おかげで考えていた通りに家族も動けてよかったです!

無痛分娩は今までに比べると、とてもよかったです!麻酔が効きにくい体質なのか、すぐに麻酔が切れて痛みを我慢することが多々ありましたが「我慢しなくていいですよ」の一言をいただき、頻繁に麻酔の増加をお願いしました。どうしても強い痛みを感じる時もありましたが、助産師さんのサポート、対応のおかげで、ピークの痛みより緩和された状態で出産することができました。人それぞれ分娩方法があり選択肢があるとは思いますが無痛分娩を希望する人にはぜひおすすめしたいです。

分娩回数4回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
なぜ皆、無痛分娩しないのか…心から疑問に感じた

〇良かった点

麻酔の力に感動した。なぜ皆、無痛分娩にしないのか…隣の方の叫び声を聞いて、心から疑問に感じた。

 

〇悪かった点

途中麻酔が効かない7時間があり、これは辛かった…

分娩室がとても乾燥していて、終始のどの痛みがあった。加湿器があるとお産に集中できそう。

 

〇その他

今回無痛分娩に決めたきっかけは姉の出産でした。赤ちゃんのへその緒が首に巻いていて自然分娩だったら赤ちゃんにとても負担がかかっていただろうと言われたそうです。その話を聞いて、痛みも軽減され、赤ちゃんへの負担も少ない無痛分娩しかない!と思い慈恵病院を選びました。しかし母は自然分娩にこだわり(自分が生むわけではないのに…)いくら説明しても納得はしてくれませんでした。実際は“無痛”とはいえ麻酔が効きにくい時間があり、完全に無痛ではなかったのですが、自然分娩と無痛分娩を半分ずつ味わえたと思っているのでこれはこれでよかったです。2人目があるとすれば、やはり無痛分娩一択です。自然分娩だと心が折れていたと思います。

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
経産婦の方はいきみ方が分かっているのでスムーズなお産ができると思う

〇良かった点

内診と子宮口が開いてからの痛みがほとんどなく、落ち着いた出産ができました。初産の際は痛みから、絶叫と大暴れを繰り返し4~5時間の安産だったのにも関わらず、ヘトヘトになった思い出がありました。今回は穏やかな出産だったため、体力の消耗が少なかったです。また、麻酔を入れるための注射が不安でしたが、先生が声をかけながら施術してくださったので不安もなく状況が分かりやすかったです。

 

〇悪かった点

麻酔が切れるタイミングが分からず、躊躇しているうちに陣痛を感じることが数回ありました。麻酔が効くまでの時間、ほんの数分でしたが陣痛が非常に辛く感じました。痛みは個人差があると思いますが、我慢せず麻酔をすぐ入れてもらうようにすれば、全く痛みのない出産ができたと思います。

 

〇その他

初産の陣痛が大変苦しくて、もう一度あれを経験しなければならないと思うと不安だったので今回無痛分娩を選択しました。想像以上に痛みが無く、非常に楽な出産ができました。特に経産婦の方はいきみ方が分かっているのでスムーズなお産ができると思います。無痛分娩を選択して本当に良かったです。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
次回も絶対無痛分娩にしたい

担当の先生、助産師さん、看護師さん、全ての方が優しく接してくださりとても心強かったです。無痛分娩の処置をした後は全く痛みが無くなり、落ち着いて出産ができました。こどもの誕生をしっかりと見ることができたので感動も大きかったです。次回も絶対無痛分娩にしたいと思うくらい満足なお産ができました。ありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
とにかく痛みが無かった。

とにかく痛みが無かった。回復が早かったため、赤ちゃんのお世話が楽しく感じられた。蓮田先生や助産師、看護師の方々には本当に感謝の意でいっぱいです。先生が麻酔の処置について丁寧に説明されながら処置をしてくださってとても安心して受けることができました。助産師さん、看護師さん達もとても気を遣ってくれて、何から何まで安心することができました。久しぶりのお産でほとんど初心者な私にとって、こんな有難いことはありませんでした。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
結局は痛みを伴わないと産めないのだと痛感しました。

陣痛が始まって、最初の麻酔が入ってからスーッと痛みが消えて無痛分娩のありがたさを感じました。呼吸や気持ちを落ち着かせるための休憩時間にすることができました。しかし、ラスト4時間はとても長く感じ、痛みとの戦いでした。よりお産までの時間を短くするか、麻酔を追加して痛みを和らげるか、自分で決断しなければならない場面が何度かあったのですが、非常に迷いました。結局は痛みを伴わないと産めないのだと痛感しました。しかし後遺症もなく安全に分娩ができたことが何よりありがたかったです。ありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
産声を感じる余裕がありました

前回(自然分娩)は、陣痛に耐えることに必死で出産中赤ちゃんが下におりてきている感覚や生まれた際の産声等を感じられる余裕もありませんでしたが今回はそういったことも感じながらお産ができた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
ここぞというときは痛いんだなぁと思いました

〇良かった点

無痛分娩とはいえ、ここぞというときは痛いんだなぁと思いました。けど陣痛の痛さが紛れて、少し気持ちに余裕ができたので、落ち着いて入れたと思います。

 

〇悪かった点

お産が終わった後、ちょっと意識が遠のきました。

 

〇その他

最初は無痛分娩を希望していませんでした。自然がいいと思ったのと副作用などを含めて、麻酔が怖かったのでソフロロジーで頑張ろうと思ったのですが、陣痛の痛みが強くて無痛分娩を希望しました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
「お産が終わった後、ちょっと意識が遠のきました」 これは麻酔の影響ではないと考えれらます。赤ちゃんが生まれる前に頑張っていきんだ際の過換気(過呼吸)などが原因だと考えられます。
アドバイスが欲しかったなと感じました

子宮口が10㎝開いてから赤ちゃんが下りてくるまで時間がかかりました。

初産なのでどのようにすればよいかわからずただただ痛みに耐え、耐えられなくなったら麻酔を追加してもらっていたのですが、だいぶ時間が経過してから、看護師の方に「もう子宮口全開なのでいきんでいいですよ」と言われ「あ、そうなの?」と思い、それからいきんだら、あっさり出てきたので、もうちょっと早くいってほしかったなと思いました。(早く言ってもらえたからといって早く出てきたかわかりませんが…)自分自身のお産について勉強不足なところはありましたが、他にもこの後どうなるのかという説明や、アドバイスがもうちょっと欲しかったなと感じました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
心のお守りになった

〇良かった点

陣痛が来てからでも処置できることがとても心のお守りになった。私の場合赤ちゃんが下りてくる前に痛みより“いきみたい”が強くなってしまい、前回のお産では2日間いきみ逃がしに耐えた。お陰で産後はトイレの感覚が中々戻らず、2か月ほどトイレに着替えを置いていた。いろいろな恐怖を感じてパニックになりそうな時に処置してもらえて、麻酔が効くと体を休めることができ、リラックスしたからか、お産が進み、あっという間に赤ちゃんが出てきてくれて驚いた。麻酔が効いてもちゃんといきみたいタイミングもわかり安心できた。

 

〇悪かった点

どの程度麻酔を足せばよいのかわかりにくかった。どこまでの痛みを耐えるべきか悩んだ。

 

〇その他

無痛分娩を受ける前の不安点はどれも当てはまらず、私にとってはリラックスできる時間が持てたことでお産が進んだのではないかと思った。産後の回復も早く、これからの2人の育児にどう取り組むか、前向きにシュミレーションできた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩を選んで良かった

激しい運動のあとや強いストレスがかかった時など過呼吸になりやすく、お産の痛みに対しても不安があったので、少しでも痛みを和らげて落ち着いてお産に臨みたいと思い、無痛分娩を希望し、慈恵病院を選びました。妊娠中から無痛のパンフレットを見たり、説明会に参加できたので、安心してお産の日を迎えることができました。
実際に陣痛が来てみると、今まで体験したことのない痛みで、パニックになりそうになりましたが、あと少し頑張ったら麻酔を入れてもらおうと思うことで落ち着けることができました。お産の進みが思っていたより遅かったこともあり体力的にしんどい場面もありましたが、麻酔の効いている間は体を休められて良かったです。無痛分娩に対してはいろいろ意見があるかと思いますが私は無痛分娩を選んで良かったと思います。もしまたこどもを授かることがあったら無痛分娩を選びたいと思います。
先生、助産師さんたちには大変お世話になりました。ありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
生まれてきた赤ちゃんに落ち着いて会えました

助産師さんの励ましがなかったら麻酔が切れそうになっていたいときに我慢できなかったと思います。何度も声をかけてくれて救われました。麻酔の注射は陣痛中を避けていただいたので動かずに受けることができました。注射の痛みは思ったよりは痛くなかったです。産む直前には麻酔をたくさん使ってもらったので最後の力を出すことができて、生まれてきた赤ちゃんにも落ち着いて会えました。麻酔を使うと時間がかかりますが、私は体力がないため普通分娩だと体力が持たなかったと思います。麻酔が切れるときは恐怖がありますが、休憩できるので次回の分娩も絶対に無痛分娩がいいと思いました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
先生のアドバイスと無痛分娩に救われました

今回は2人目の出産となりますが、1人目を無痛分娩で出産しているため今回も迷わず無痛分娩を選択しました。38週目の検診時、すでに1人目の体重を超えていることが判明し、無痛分娩とはいえ1人目よりも2人目が大きい経産婦でも、出産に時間がかかるとの先生のアドバイスから卵膜剥離を施術していただきました。そのおかげでその日の夜には陣痛が始まり、翌日午後には無事に出産できたのですが、私の「経産婦だからすぐに出産できるだろう」との予想に反してなかなか赤ちゃんが出てきてくれませんでした。やはり無痛分娩だと時間がかかるのかと思っていたところ、やっと顔を出してくれた赤ちゃんは仰向けでした。仰向けで出てくる赤ちゃんを回旋異常だということを後程知ったのですが、そのことにより分娩にかかった長い時間の陣痛を苦しみながらずっと耐えていかなければならなかったのかと思うと、無痛分娩の良さを改めて実感することができました。今回の分娩では38週目にして3000g越えの胎児に対する先生のアドバイスと無痛分娩という技術に救われた分娩でした。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
痛みがほとんどないと思っていたため想定外でした

〇良かった点

産後、比較的元気で、疲労感が少なかったことです。今回の出産は無痛分娩を選んでよかったと思いました。高齢出産で初産のため不安でしたが症例数が多い病院のため、事故などの不安はありませんでした。

 

〇悪かった点

思ったより痛みがあったことです。普通分娩を経験したことがないため比較はできませんが“無痛”という名前から、痛みがほとんどないと思っていたため想定外でした。

 

〇その他

看護師さんはすごく親切で、何度もナースコールをし、迷惑な患者だったと思いますが、親身になってくれ、非常に心強かったです。先生も的確で親切な処置で安心しました。私は痛みに比較的に弱かったせいか、陣痛もそれなりに痛く、陣痛の時間も長かったため、痛みに耐えている間、気を紛らわす音楽やテレビがあればよかったなと思いました。

 

 

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
普通分娩だったら耐えられなかった

〇良かった点

おそらく同時期に自然分娩で出産された方は、壁伝いに歩いたりされていたが、私は翌日からスムーズに歩行可能であり、面会に来た家族からも驚かれた。副作用が心配だったが、何もなかった。

 

〇悪かった点

ホームページの動画をみてわかった気になっていたが、もう少し自分で調べたり医師に質問すればよかった。陣痛を我慢するのがきつかった。

 

〇その他

初産は陣痛の痛みがわからないので経産婦の方が無痛分娩には向いているのかと思った。正直、想像以上の痛みだったが、もし普通分娩だったら耐えられなかったので無痛分娩にしてよかったと思う。

これから無痛分娩を考えている妊婦さんにはしっかり調べて選択してほしいと思う。また、無痛にすると子に愛情が無くなるとかそういうステレオタイプの考えは早く無くなればいいと思った。今2人目は考えられないが、もし次があれば、その時出産方法を検討したい。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
冷静に感動することができました

麻酔を始めてすぐ体調が悪くなってしまったけど、先生と助産師さんが迅速に対応してくださり、すぐに良くなりました。ご迷惑をおかけしました(^-^;

お産が長くなるので、しばらく麻酔なしで頑張りましたが、結果良かったです!

最後はしっかり膣の痛みは取れてて、赤ちゃんを出す時、泣きわめいて訳が分からない状態ではなく、冷静に感動することができました。こちらの願い通りでした✨

皆さん優しくて、痛かったですけど一生の思い出になりました♡ありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
無痛分娩に出会えたからこそ3人目まで産めた気がします

〇良かった点

身体を休める時間ができる。

気持ちの面で安心し、支えになる。

 

〇悪かった点

前回までは発熱しなかったが、今回は発熱してしまった。自覚症状はなかったが、赤ちゃんに負担をかけてしまったのではないかと少し不安になった。

足の感覚がなくなるので、動きたくても動けないのは辛い。腰やお尻が痛いときに足を曲げたくなったが、曲げることが困難で、夫に支えてもらいました。ただそのことを伝える余裕があるのは無痛分娩だからこそであり、悪いことだけではないと思います。

 

〇その他

3人目の出産で不安が強かったのですが、無痛分娩にしている分、安心感もありました。背中に針を入れられるとき、見えないので不安もありますが、妊婦検診で先生を信頼しているからこそ任せられた気がします。私の場合、慈恵病院まで通うのに1時間かかるところに家があります。実家から通っても40分はかかる距離です。もちろん慈恵病院より近いところにも何件も産婦人科はあります。最初、産院を考えたとき、持病に腰部椎間板ヘルニアがあるので、ある程度大きな病院がいいなくらいにしか考えていませんでした。(今は赤ちゃんポストでよく聞いていますが、今から6年前は私自身もあまり関心もなければ何も考えてなく、慈恵病院を知りませんでした。)姉が慈恵病院で、自然分娩から帝王切開になり、その分娩に同席(外で待っていた)した際の助産師さんの対応等、病院をしり、それから慈恵病院を選びました。1人目自然分娩から無痛分娩に急遽変えてくれた先生にとても感謝しています。無痛分娩に出会えたことで3人目まで産めた気がします。ありがとうございました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数3回目
病院より
【発熱について】 無痛分娩を開始して時間が経過(特に6時間以上)すると38℃以上の熱が出ることがあります。無痛分娩を受ける妊婦さんの約20%に認められます。原因は未だに不明ですが、少なくとも感染による発熱ではありません。この現象は直接赤ちゃんに悪影響を与えるものではありませんが、熱を下げるために解熱剤を使用したり点滴を追加することがあります。   【足のしびれについて】 麻酔薬の量が多くなると、足のしびれが強くなり、足が動かしにくくなります。 これらの不快感がないようにするには麻酔薬の量を少なめにした方が良いのですが、分娩も最後に近づくと、痛みがより強くなり、それに対応するために麻酔量も増えてしまいますので、足のしびれや動かしにくさが付いてきます。
陣痛で死ぬかもと本気で思いました

〇良かった点

助産師さんたちの対応がとても助かりました。ナースコールを押したらすぐに対応してくださって、陣痛を乗り越えることができました。私は途中から陣痛促進剤も使いましたが、必要な分の痛みだけで済んだことがとてもありがたかったです。また、真夜中の1時ごろでしたが、蓮田先生が麻酔の対応をしてくださり、陣痛で体力を消耗していたので、休めることができ、翌日のお産に繋げることができました。

 

〇悪かった点

ありません。

 

〇その他

ソフロロジー法を安産教室などで講習を受け、希望しておりましたが、私の場合の陣痛は想像を超えた痛みで、ソフロロジーの呼吸法やイメージトレーンイングを役立てることができませんでした。助産師の方を向けないくらい痛く、いきみだしたら途中で止めることもできず、自分では制御できない痛みでした。声が抑えられず、暴れてしまい、大変ご迷惑をかけてしまいました。本当に恥ずかしかったですが、助産師の方も蓮田先生もとてもやさしく対応してくださいました。私は陣痛で死ぬかもと本気で思いました。今回の無痛分娩で本当に良かったです。陣痛の痛み方は本当に人それぞれだと思います。生理痛の痛み方の感じ方にとても似ているなと思いました。実際には生理痛の100倍いたいと思いました。そんな辛い痛みよりも可愛い赤ちゃんを無事に抱けたことが本当にうれしかったです。慈恵病院の皆様、本当にありがとうございました。

分娩回数1回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
赤ちゃん誕生の瞬間・・・とても感動しました

1人目の出産は自然分娩でしたが、出産後は体力もなく、赤ちゃんを余裕持って見れなかったように思います。ですが、今回無痛分娩にして赤ちゃん誕生の瞬間からしっかりと赤ちゃんを迎え入れる準備もでき、とても感動しました。産後の体も楽ですし、無痛分娩にしてよかったです!!!

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
体の震えが・・・

〇良かった点

経産婦だったこともあり子宮口全開になるまでの時間が短く、麻酔で痛みを軽減できたこと。お産になるまでの時間は長くなったが、体力の限界が来た時に麻酔で少しの間休めたこと。

 

〇悪かった点

体の震え、足のしびれなど無痛分娩の副作用と思える症状が出たこと。

横を向いていると上になった方の麻酔が効きづらく、片方だけ痛みが取れないことがあった。麻酔が切れて、次の麻酔が足されるまで、痛みが強い時間帯があった。

 

〇その他

麻酔が切れてから次の麻酔が効いてくるまでの時間がもっと短いといいなと思った。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
病院より
体が震えるのは、麻酔チューブに注入した冷たい麻酔薬に脊髄の温度センサーが反応して起きる現象です。体は体温が下がったと勘違いして熱を産生させようとし、体を震えさせます。しかし、この反応は次第に落ち着き、30分以内に体の震えもなくなります。
麻酔のタイミングの難しさ

麻酔をするとお産までの時間が長引くので、今回麻酔が切れてからすぐに追加せず、2時間ほど耐えました。次の痛みが来て麻酔を入れると効くまでに10~15分かかるのでその時間が辛かったです。
効くまでの時間がもう少し早く、5分程度であればより良かったと思います。全体的には大変満足しています。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目
お産が遅くなることによってできた思わぬ副産物

無痛分娩の講習会で習ったとおりでしたが、「お産が遅くなる」ことをもっと強く言ってほしいと思いました(私の場合)。
講習会では「お産が遅くなるくらい大丈夫だ」と思いましたが、予想よりずっと進まなくてそのヒマな時間が意外にもストレスに感じてしまいました。
主人も「楽そうだねー」とスマホゲーム三昧だったので、「そんな事するために無痛分娩を選んだわけではない!」とイライラしてしまいました。
この思わぬ副産物が我が家にとっての無痛分娩の最大のデメリットでした。
少なくとも労いや感謝の言葉を言いあえる夫婦にとっては無痛分娩は良い方法だと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
前回よりも穏やかな出産に

前回は、お産の進みが遅く、麻酔を弱めることになったので、無痛の恩恵をあまり受けることができませんでした。
今回は、病院到着時点で子宮口も6~7センチ開いていて、陣痛も強かったので、すぐ無痛の麻酔の準備をしてもらい、そこから1時間くらいで麻酔が効きはじめ、みるみる陣痛の痛みが引き、そのまま大きな痛みを感じることなく出産できました、主人や助産師さんと雑談したりもしながらで、前回と比べものにならない穏やかな出産でした。
翌日以降の全身筋肉痛という感じもなく、産後の回復も早かったです。
麻酔の処置をして去りゆく先生の後ろ姿が神様のように見えました(^^)ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数2回目