慈恵病院 無痛分娩

体験談コメント
お産を楽しむことができた

〇良かった点

1人目の時の陣痛が怖い記憶で、不安でしたが麻酔を使うことでとても楽にお産を楽しむことができました。特に最後産まれたときや、直後の抱っこを余裕をもってできたのが嬉しかったです。

 

〇悪かった点

麻酔が切れたときの痛みが何倍にも感じたのと、後陣痛が辛かったです。

 

〇その他

1人目は自然分娩で2人目で無痛分娩を選択しましたが、分娩中も分娩後も無痛分娩の方がとても楽でいた。(2人目だったということもあったと思いますが)

お産=痛いもの、恐ろしいものという不安はありましたが、そのイメージを崩してくれたので、無痛分娩ならもう一人産んでもいいかなと思えるほどでした。時間は長くかかってしまいましたが、大変楽しいお産が出来ました。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
本当に無痛で産むことができた

〇良かった点
陣痛の痛みが想像していたよりも楽になった。コロナ禍で立ち合い禁止での出産のため、不安もかなりあったが、先生や助産師さんが優しく麻酔を入れるタイミングなどアドバイスしてくださり安心して産むことができた。赤ちゃんが出てくるタイミングで丁度麻酔が効いており、本当に無痛で産むことができました。

〇悪かった点
左右で麻酔の効き方が違い、痛みにも差がでた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
出産の良い部分をしっかりと感じながらお産が出来た

〇良かった点

出産時の痛みが楽になり、先生や助産師さん達の声かけを落ち着いて聞くことができた。赤ちゃんが出てこようとする感覚はあるため、声かけにあわせていきみ、スムーズに晩出できた。落ち着いていきめたためか会陰の傷も少なく、産後の体も1人目(自然分娩)とは比べものにはならないほど楽だった。

 

〇悪かった点

分娩の進みが早く無痛分娩になるまでにほぼ子宮口全開になったので早めに受診すれば良かったかなと思いました。

 

〇その他

先生や助産師さんが常に優しく声掛けをしてくださり、気持ちが落ち着いた状態で出産することができました。赤ちゃんが出てくる瞬間に痛みが無かったことで一緒に頑張ったわがことの一体感や感動等、出産の良い部分をしっかりと感じながらお産が出来て良かったです。次もまた慈恵病院で産みたいです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
膣とお尻に痛みを感じることがほぼ無かった

〇良かった点

投与前に陣痛が始まったが、幸いにも「そろそろ我慢が難しい!」というタイミングで麻酔を投与してもらうことができ、投与されたら痛みがスッと引いた。一番驚いたことは、いきむ際に、膣とお尻に痛みを感じることがほぼ無かったこと。2人目の出産ということもあると思うが、いきみたいという感覚すら来なかった。いきむタイミングは助産師さんが上手に教えてくれてスムーズに産むことができた。

 

〇悪かった点

無痛分娩と聞くとどうしても痛みが無いと思ってしまうが、麻酔が切れるタイミングやお産の進み具合により、痛いときは痛い。麻酔を追加してもらうタイミングがなかなか分からず、最初の目安は1時間との事だったので律儀に1時間目安での追加をお願いしていたが、あくまで目安で人により麻酔が切れる時間は多少異なるため、痛みを感じたタイミングで大丈夫との事だった。

 

〇その他

今回、促進剤を使った計画無痛分娩だったので、最悪の場合産まれてこず、一時退院も覚悟していたが、幸いスムーズにお産が進み計画予定日に出産することができた。一人目出産したときは自然分娩で今回初めて無痛分娩をしたが、痛みのレベル、感じる時間がかなり緩和されたため、もしもう一度出産する機会があったら、必ず無痛分娩を選択する。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
8年ぶりの出産なのに産後すぐの体も格段に楽です

〇良かった点

陣痛の痛みが楽なり、リラックスでお産することができた。生まれる瞬間をしっかり目に焼き付けられた。産後の体の痛みが少なく感じる。パニックにならなかった。

 

〇悪かった点

震えや痺れがありますが、起こりうることを事前に説明いただいたり、動画を見たので不安はありませんでした。メリットの方が大きいので悪かった点というよりは、全く「無痛」ではないことを理解していれば、悪い点はないのかもしれません。

 

〇その他

上の子2人は20時間近くかかり、精神も体力も限界まで奪われ、本当に辛いお産と産後でした。今回無痛分娩にして本当に本当に良かったです。もちろん、多少の痛みはありますが、とても幸せを感じられるお産となりました。8年ぶりの出産なのに産後すぐの体も格段に楽です。リスクや副作用についても詳しく説明いただいたので、安心してお産できました。私のようにお産が長く、恐怖心がある方は絶対にお勧めしたいです。たくさんのスタッフの方のお陰で無事出産出来て幸せです。ありがとうございました!

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
産後の行動が楽に感じた

陣痛が楽になった。不安感無くお産に臨むことができた。産後の痛みも以前ほど無く、産後の行動が楽に感じた。感覚がなくなることに驚いた。助産師さんがよく声をかけてくれたので不安に思うことはなかった。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
陣痛中のストレスがほとんどない

 
〇良かった点
陣痛の痛みが楽になった。子宮口がだんだん開いて陣痛感覚が短くなると痛みを感じることがあったが、自然分娩よりかなり楽だった。生まれる瞬間が冷静だったので、より感動が味わえた。陣痛中のストレスがほとんどないのと、いきむ時に、助産師さんが「陣痛の力で赤ちゃんは出てくるからいきまなくて大丈夫」
と言ってくれたので気持ち的にも楽になった。
 
〇悪かった点
痛みが出た時に麻酔の追加をお願いしたら「前回、麻酔を入れてから30分経っていないから追加はできません」と言われた。
 

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
1人目の時に比べるとかなり楽でした

1人目の子を普通分娩で出産したので、陣痛中からほとんど痛みが無かったことにとても驚きました。いきむタイミングも助産師さんが的確に教えてくだり、とても楽に出産することができ、生まれる瞬間もしっかり目に焼き付けることができました。痛みに耐える時間がかなり少なかったので、疲労感もほとんど無く、産後も1人目の時に比べるとかなり楽でした。初めての無痛分娩で、麻酔のタイミングが分かりませんでしたが、助産師さんが状況を見ながら助言してくださったので、安心して出産することができました。
出産の経験はあるものの、無痛分娩は初めてだったので不安もありましたが、陣痛中から助産師さんに丁寧にサポートしていただけたので、最後まで安心してお任せすることができました。お産の時だけでなく、産後の経過も入院中しっかりと診ていただけて、慈恵病院でお世話になれて本当に良かったと思っています。先生をはじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
 

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数回目
むずがゆさに耐えるのがきつかった

〇良かった点
陣痛の痛みが楽になった。気持ちに余裕が持てた。
 
〇悪かった点
足のしびれ、むずがゆさに耐えるのがきつかった。分娩中の痛みは少なかったが、入院中の麻酔が切れた後の痛みに慣れるのが大変だった。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
痛みが全くない時間があり大分楽だった

〇良かった点 痛みが全くない時間があり、大分楽だった。出てくるときと縫合するとき、全く痛くないので落ち着いて産める。胎盤を出す時も嫌な感じが全くなく楽でした。精神的なお守り気分になれる。次回は全く痛くないかも!と思って過ごしました。   〇悪かった点 尿がなかなかでなくなって困った。思ったより痛みに耐える時間が長かった。初産の場合、はじめ時がわからない。どこまでの痛みを我慢して打ってもらうか・・・今回は早めに打ってもらおうと決めていましたが間に合いませんでした。でも看護師さんに「無痛でなければ15~20分、無痛なら30分は準備!」とはっきり教えてもらえたので決断出来て良かった。   〇その他 「経産婦の無痛はほぼ痛みなく産める」と言った周りの話を聞いて、期待していましたがまさかこんなすぐに産まれるとは思っていなくて驚きました。しかし結果としては初産よりは痛くなく出産できました。看護師さんもアドバイスや励ましをたくさんしてくれて良かったです。私は「出産=地獄の痛みを味わう」といった恐怖心がありましたが、無痛を選ぶことで精神的なお守りのようになっていたので、今回はできませんでしたが良かったと思っています。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
効果が出るまでの間が痛かった

〇悪かった点
陣痛が進まず、一旦止めて陣痛が進むのを待った為、痛みが出てからの使用となり、効果が出るまでの間が痛かった。それでも使用後は痛みが和らいだので無痛分娩にしてよかったと思う。
 
〇その他
第一子のお産の痛みがトラウマで、出産への恐怖心がありましたが、無痛分娩のお陰で2人目3人目を考えることができました。また、無痛分娩での事故等も心配しておりましたが、ホームページの詳しい説明を見て、適切に対応していただける環境であるとわかり、慈恵病院でお願いしたいと思いました。初めての無痛分娩でしたが、助産師の皆さんが優しく頼もしく私の不安な部分をいつも親身になって考え、支えてくださいました。関わっていただいたスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にお世話になりました。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
1日がかりで無事出産

〇良かった点
陣痛の痛みが楽になったのはもちろんですが気持ちの部分でも全然違いました。麻酔があるからとお守りのようで、辛いお産を乗り越えることができました。また、コロナのため陣痛の間立ち合い不可だったので、陣痛中の家族のサポートが無くても落ち着いて過ごすことができ、携帯で連絡を取ることもできる余裕があった。
 
〇悪かった点
麻酔をすると陣痛が弱くなるため、結果的に分娩時間が長くかかってしまった。赤ちゃんも大きく、角度が悪かったため早い段階から促進剤を勧められたが、なかなか踏ん切ることができなかった。最終的に助産師さんから「麻酔と促進剤を調整しながらするので」と言われ1日がかりで無事出産することができた。結果的には痛い時間も多かったが、麻酔があるからと頑張ることができたので良かったです。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
病院より
今回2回目のお産ですが、上のお子さんは3400gでお生まれになり、今回のお子さんは3800gでした。お母さんは165㎝と骨盤に一定の余裕をお持ちですが、上のお子さんより下のお子さんの方が大きいとき無痛分娩が思うようにいかないときがあります。赤ちゃんが大きくて出にくいと強い子宮の収縮が必要ですので、その収縮を削ぎ落してしまう無痛分娩の麻酔は、分娩の進行を妨げてしまいます。今回は赤ちゃんの頭の向きにも異常があるお産の妨げとなる原因が増えました。このように赤ちゃんが大きかったり、頭の向きに異常があるときには分娩を進行させるために麻酔薬を少なくしたり、完全に麻酔を停止することがあります。その結果「無痛分娩なのに痛かった」とご意見される産婦さんもいらっしゃいます
1人目の自然分娩の時とは違った時間の経ち方

〇良かった点
長い陣痛の痛みが楽になったので、その後の体力的にも産後の入院生活にも無痛分娩で良かったと思う。痛みが緩和されることで気持ちに余裕ができる時間ができ1人目の自然分娩とは違った時間の経ち方だった。
 
〇悪かった点
最初の注射の時の痛みが痛いとは聞いていたけど想像以上に痛かった。陣痛の痛みがないため、力を入れるタイミングがよくわからなかった。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
自然分娩は痛かったが、早く生まれた

1人目のお産は無痛分娩だったが子宮口が7㎝開いた段階でお産の進行が滞ってしまったので麻酔薬の追加が十分できなかった。結局2日がかりで赤ちゃんが生まれた。
今回はお昼の2時半頃から陣痛が始まったが、まだ不規則な陣痛だったので今のうちにと思って上の子をお風呂に入れていた。その間に陣痛が強くなって病院に向かおうと思ったが、送ってくれる人がすぐに来てもらえず、結局病院についたのが夕方5時10分だった。入院の時点で子宮口が8㎝開いているといわれたので、早く産むことを優先して無痛分娩を受けなかった。結局病院についてから40分後に赤ちゃんが生まれた。今回は痛かったけど赤ちゃんが早く生まれたし、夫にもお産の前後で面会できてよかった。もし3人目を産むことになったら・・・今回のようにお産の進行が早かったら自然分娩でいきたいと思うが、お産の時の余裕や安心感のことを考えると無痛分娩をしたい気持ちもある。どちらかというと3人目のときは無痛分娩をしたい気持ちのほうが強いかも。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
チューブを入れるときの感じが予想以上に不快でした

チューブを入れるときの感じが予想以上に不快でした…(すみません)私がこれくらいの痛みで言ってもいいのかな?と迷っているうちに痛みが強くなってしまったので、少し痛いかも・・・と思った時に伝えるべきだと思いました。でも一番ネックだった、頭が挟まっているときの痛みには間に合ったので良かったです。

分娩回数3回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
全く陣痛を感じなかった

〇良かった点
麻酔が効いている間は全く陣痛を感じなかった。体の強張りも少なく、体力を温存してお産できた。カテーテルを入れる時も違和感が少なくて、当初思っていた負担よりずいぶん楽でした。
 
〇悪かった点
いきむのが難しかったように思います。
 
〇その他
上の子がいるため、回復が早い無痛分娩を希望しました。私は経産婦なのに、陣痛の感覚が10分程になってから来院したため、無痛分娩の処置をしていただくまでに結構陣痛の間隔が短くなってしまいました。無痛分娩はタイミングが大事だなと思いました。もし次に出産することがあれば、また無痛分娩でお願いしたいと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
「我慢しなくていいですよ」の一言で…

今回初めての分娩方法を選びましたが、満足しています。旦那さんの仕事の都合と上の子たちのことを考え、計画分娩を希望しましたが、こちらの決めた日程で進めてくださり、経産婦なのもあったからか希望日に出産できました。おかげで考えていた通りに家族も動けてよかったです!
無痛分娩は今までに比べると、とてもよかったです!麻酔が効きにくい体質なのか、すぐに麻酔が切れて痛みを我慢することが多々ありましたが「我慢しなくていいですよ」の一言をいただき、頻繁に麻酔の増加をお願いしました。どうしても強い痛みを感じる時もありましたが、助産師さんのサポート、対応のおかげで、ピークの痛みより緩和された状態で出産することができました。人それぞれ分娩方法があり選択肢があるとは思いますが無痛分娩を希望する人にはぜひおすすめしたいです。

分娩回数4回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
経産婦の方はいきみ方が分かっているのでスムーズなお産ができると思う

〇良かった点
内診と子宮口が開いてからの痛みがほとんどなく、落ち着いた出産ができました。初産の際は痛みから、絶叫と大暴れを繰り返し4~5時間の安産だったのにも関わらず、ヘトヘトになった思い出がありました。今回は穏やかな出産だったため、体力の消耗が少なかったです。また、麻酔を入れるための注射が不安でしたが、先生が声をかけながら施術してくださったので不安もなく状況が分かりやすかったです。
 
〇悪かった点
麻酔が切れるタイミングが分からず、躊躇しているうちに陣痛を感じることが数回ありました。麻酔が効くまでの時間、ほんの数分でしたが陣痛が非常に辛く感じました。痛みは個人差があると思いますが、我慢せず麻酔をすぐ入れてもらうようにすれば、全く痛みのない出産ができたと思います。
 
〇その他
初産の陣痛が大変苦しくて、もう一度あれを経験しなければならないと思うと不安だったので今回無痛分娩を選択しました。想像以上に痛みが無く、非常に楽な出産ができました。特に経産婦の方はいきみ方が分かっているのでスムーズなお産ができると思います。無痛分娩を選択して本当に良かったです。ありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
とにかく痛みが無かった。

とにかく痛みが無かった。回復が早かったため、赤ちゃんのお世話が楽しく感じられた。蓮田先生や助産師、看護師の方々には本当に感謝の意でいっぱいです。先生が麻酔の処置について丁寧に説明されながら処置をしてくださってとても安心して受けることができました。助産師さん、看護師さん達もとても気を遣ってくれて、何から何まで安心することができました。久しぶりのお産でほとんど初心者な私にとって、こんな有難いことはありませんでした。本当にありがとうございました。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
産声を感じる余裕がありました

前回(自然分娩)は、陣痛に耐えることに必死で出産中赤ちゃんが下におりてきている感覚や生まれた際の産声等を感じられる余裕もありませんでしたが今回はそういったことも感じながらお産ができた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
心のお守りになった

〇良かった点
陣痛が来てからでも処置できることがとても心のお守りになった。私の場合赤ちゃんが下りてくる前に痛みより“いきみたい”が強くなってしまい、前回のお産では2日間いきみ逃がしに耐えた。お陰で産後はトイレの感覚が中々戻らず、2か月ほどトイレに着替えを置いていた。いろいろな恐怖を感じてパニックになりそうな時に処置してもらえて、麻酔が効くと体を休めることができ、リラックスしたからか、お産が進み、あっという間に赤ちゃんが出てきてくれて驚いた。麻酔が効いてもちゃんといきみたいタイミングもわかり安心できた。
 
〇悪かった点
どの程度麻酔を足せばよいのかわかりにくかった。どこまでの痛みを耐えるべきか悩んだ。
 
〇その他
無痛分娩を受ける前の不安点はどれも当てはまらず、私にとってはリラックスできる時間が持てたことでお産が進んだのではないかと思った。産後の回復も早く、これからの2人の育児にどう取り組むか、前向きにシュミレーションできた。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
赤ちゃん誕生の瞬間・・・とても感動しました

1人目の出産は自然分娩でしたが、出産後は体力もなく、赤ちゃんを余裕持って見れなかったように思います。ですが、今回無痛分娩にして赤ちゃん誕生の瞬間からしっかりと赤ちゃんを迎え入れる準備もでき、とても感動しました。産後の体も楽ですし、無痛分娩にしてよかったです!!!

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目
お産が遅くなることによってできた思わぬ副産物

無痛分娩の講習会で習ったとおりでしたが、「お産が遅くなる」ことをもっと強く言ってほしいと思いました(私の場合)。
講習会では「お産が遅くなるくらい大丈夫だ」と思いましたが、予想よりずっと進まなくてそのヒマな時間が意外にもストレスに感じてしまいました。
主人も「楽そうだねー」とスマホゲーム三昧だったので、「そんな事するために無痛分娩を選んだわけではない!」とイライラしてしまいました。
この思わぬ副産物が我が家にとっての無痛分娩の最大のデメリットでした。
少なくとも労いや感謝の言葉を言いあえる夫婦にとっては無痛分娩は良い方法だと思います。

分娩回数2回目
硬膜外無痛分娩回数1回目